• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ロシア高官が驚いた日本のナイーブさ

北方領土に関するプーチン発言の真意と日本の誤解

  • 袴田 茂樹

バックナンバー

2012年3月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロシアで3月1日に、プーチン首相と国外のマスコミ人との記者会見が行われた。同首相は日露関係、特に北方領土問題に関して、そうとう踏み込んだ微妙な発言をした。日本のマスコミはこれを大きく取り上げた。

 続いて3月4日にはロシアで大統領選挙が行われた。予想どおりプーチン首相が任期6年の大統領に復帰する。日本は今後、プーチン大統領を相手として北方領土をはじめとする対露政策を遂行することになる。

 本稿ではまず、北方領土についてのプーチン発言について、分析を行う。我が国では、大きく誤解されて報道されている。

北方領土に関するプーチン発言は、きわめて厳しいもの

 日本のマスコミには、「北方領土決着にプーチン氏意欲」「プーチン氏が口火、『決着強く望まれる』」「日本政府『意欲』に期待感」「ロシア側も譲る用意があることを示唆」という見出しが踊った。

 若宮啓文主筆が会見に参加した朝日新聞は、「柔道という『和の心』を示しつつの発言は、『サプライズ』を伴う強烈なメッセージだ。領土での妥協をも示唆するようなリスクをとっての発言は、領土問題解決への強い意欲の表れともいえる」と報じた。NHKも「大統領への復帰後に日本との領土問題を解決することに意欲を示した」と伝えた。

 藤村官房長官も記者会見で、「プーチン首相の発言は、日露関係における領土問題の重要性を指摘し、その解決に意欲を示したものとして期待をしている」と述べた。

 プーチン首相は、各国マスコミ代表との記者会見で、実際にどのような発言をしたのか。首相の公式サイトがこれを掲載している。早速ロシア語の原文を読んで、私は驚いた。北方領土に関するプーチン発言は、日本のマスコミのトーンと大きく異なるのだ。いや、日本にとってきわめて厳しい発言をしている。そのことを、朝日新聞も他の日本のマスコミも、まったく伝えていない。

「我々の交渉はすべてが振り出しに戻った」~2島返還さえリセット

 その典型が、平和条約締結後に歯舞、色丹の2島を日本に引き渡すと合意した1956年の日ソ共同宣言に関する発言である。少し長いがプーチン発言を引用する。

 「私たちは、柔道家として、勇気ある一歩を踏み出さなくてはなりません。しかしそれは、勝つためであって、負けるためではありません。この状況では、奇妙に思えるかもしれませんが、私たちは勝利を得ようとしてはなりません。この状況では、私たちは受け入れ可能な妥協が必要です。何か『ヒキワケ』に類するものです」

 「……ソ連は、日本との長い交渉の末に、1956年に共同宣言に調印しました。この宣言には、2島を平和条約締結後に引き渡す――ここに注目してほしいのですが――と書かれています。つまり平和条約が意味することは、日本とソ連との間には、領土に関する他の諸要求は存在しないということです。そこ(56年宣言)には、2島がいかなる諸条件の下に引き渡されるのか、またその島がその後どちらの国の主権下に置かれるかについては、書かれていません。……これ(56年宣言)は日本の国会とソ連の最高会議で批准されました。つまり、基本的にこの宣言は、法的効力を有するようになったのです」

コメント29件コメント/レビュー

今のところ、ロシアの歴史的な衰退傾向は、逆転しそうもないので、ある意味日本側は、待ちの手ではないか?その場合、心配は、中国がどう出るか、日本が先に衰退しないかというところですが。(2012/03/11)

オススメ情報

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今のところ、ロシアの歴史的な衰退傾向は、逆転しそうもないので、ある意味日本側は、待ちの手ではないか?その場合、心配は、中国がどう出るか、日本が先に衰退しないかというところですが。(2012/03/11)

解説ありがとうございます。まったく、プーチン氏の狡猾さには叶いませんね。またしても、我が国の稚拙なメディア、政治屋稼業連中は手玉にとられてしまったというところでしょうか。国民が正しく情勢を理解し、真の政治主導の下でなければ、こと領土問題に限っては外務省ですらなにもできない。まずは信頼関係を醸成していくのが、遠回りのようで最短であるとのロシアの本音が正しい解決法なのでしょうが、国民がこのレベルでは理解不能でしょうね。(2012/03/10)

大変有益な記事だ。さすがの筆者である。プーチンの言葉を安易に読まないほうが良いのはその通りだ。それは厳しくも,甘くもだ。ロシアは日本の40倍を超える領土を有し来たから世界を俯瞰する視野を持つ超大国だ。その国土は「ステップロード」を含み侵略と蹂躙の舞台だったはずだ。彼らには冷徹にして厳然とした戦略的思考がある。我々も同じ視点と視野を待たなければ,彼らの土俵に引きずり出され,敗北を喫するのは当然だ。領土問題解決の価値は次の2点にある。?日本との友好関係確立と安全保障の向上。?経済交流の高度化を含めた交流の高度化による世界の富の流れを変える。これらは,いずれもロシアにとってはその国威と国力を世界史レベルで向上あるいは回復する可能性を有する。このことは特に?において顕著である。?については程度の問題のみで反対意見はないだろう。しかし,これだけならば,ロシアはあえて日本に領土を譲る必要はない。現状でも安全保障上重大な支障はない。(小さくはないが)特にアメリカ,中国との関係において,アメリカには現状のままで安定してればきわめて重要は安全保障の確保になる。一方で,中国とは長大な国境線を接し,複雑な問題を内包しながら「敵の敵は味方」式の論理も使いながら関係を維持している。このバランスを揺るがさないという意味でも?で大きく進展させるメリットはさして大きくはない。さらにはロシアの内政要因が挙げられる。プーチン自身の国内基盤が必ずしも盤石ではない。?での妥協は短期的にロシアの歴史や国民性等からきわめて重大なマイナスを生じる。したがって,?の面だけで北方領土を考える限り,筆者の警告するようにプーチン発言は想像以上に厳しく,われわれにとっては失うだけの結果になるはずである。しかし,世界情勢は変化し21世紀型の世界構造がやっと見えはじめてきてる。この視点では旧来の国家戦略,国益,国威の概念さえもが変わろうとしている。世界構造と富の質的変化も見逃せない。これらが?と関係する世界戦略,世界史観の変転と可能性を産む。このポイントを押さえ,国家・民族百年の大計を考えるならば,北方領土問題の解決が存外楽観的な展開に沿って解決される可能性を有する。詳細については別の機会に書く。(2012/03/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

それで本当に勝てるのか。 ロマンとソロバンのはざまで葛藤しました。

金井 誠太 マツダ会長