• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

スーパーチューズデー、伏兵サントラムの粘りで大混戦へ

米予備選を襲う「超長期化」と「ブッシュの亡霊」

  • 渡辺 将人

バックナンバー

2012年3月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米共和党の大統領候補を決める予備選の山場、「スーパーチューズデー」の開票がほぼ終わった。3月7日午後7時時点(日本時間)で、ロムニー前マサチューセッツ州知事がオハイオ、バージニア、マサチューセッツ、バーモント、アイダホ、アラスカの6州を制したものの、オクラホマ、テネシー、ノースダコタの3州でサントラム元上院議員が勝利したほか、ギングリッチ元下院議長が地元ジョージア州で勝利を収めた。

 ロムニー氏が指名獲得をより有利にしたものの、圧勝とは言えず、ロムニー氏、サントラム氏、ギングリッチ氏、ポール氏の4人の候補は、スーパーチューズデー後も選挙戦を継続する方針だ。共和党予備選は、異例の長期化の展開を見せている。

 長期化の要因は共和党内分裂の深化だ。フロントランナーのロムニー氏への評価が2分化している。具体的には、根強い「反ロムニー票」の存在だ。

 サントラム氏とギングリッチ氏に票が分散している「反ロムニー」票が、「ロムニーでない誰か」という感情に支えられて、ロムニー圧勝に一定の歯止めをかけている。さらに、連邦政府の介入を嫌うリバタリアニズムに根ざした絶対自由主義路線のポール下院議員が「反ワシントン」を旗印にしており、若年層や無党派を中心に一定の支持を得ている。

ロムニーの「ぬぐえぬ過去」

 ロムニー氏は「オバマに勝てる候補者」としては、経験面でも資金面でも現実的な選択のはずだ。経営者としての実務経験やオリンピック運営などのマネージメント手腕によって、リーダーシップ能力の高さを証明している。また、米国の有権者は上院議員出身のオバマ大統領が誕生する以前は、知事経験者に「大統領職を任せるに足る」という圧倒的な信頼を置いてきた。

 上院議員や下院議長を経験してきたサントラム氏やギングリッチ氏は、「ワシントン」の連邦議会が職場だったのに対して、ロムニー氏は一貫して州のローカル政治に尽くしてきた。保守派好みの「反ワシントン」のレトリックにおいても、本来はロムニー氏こそが有利なはずだ。

 それでも共和党有権者のすべてが、ロムニー氏を手放しで迎えようとしていない。ここで鍵となるのは、政治家の「過去」をどう評価するかという問題だ。ロムニー氏は「穏健派」と定義されがちだが、今回の大統領選挙では減税や人工妊娠中絶反対など、かなり保守色を前面に押し出している。ロムニー氏の政策を見ても、十分に保守的な候補者と言える。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長