• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MSが新OS、タブレット照準

  • 松元 英樹

  • 戸川 尚樹

バックナンバー

2012年3月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米マイクロソフト(MS)がOS(基本ソフト)を全面刷新する。世界最大のモバイル祭典で次期版「Windows 8」を公開。米アップルに奪われつつある“主役の座”の奪回を目指す。

Windows 8はパソコンだけでなく、タブレット型端末など複数の機器でも動作するのが特徴だ

 「いずれの機器でも快適に操作できる」。米マイクロソフトのWindows & Windows Live担当プレジデントのスティーブン・シノフスキー氏は、タブレット型端末やノートパソコン(PC)、大画面のデスクトップPCなどをステージ上にずらりと並べ、こう強調した。同社は、スペイン・バルセロナで開催された携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス(MWC)」で2月29日(現地時間)、Windows 8の試作版に相当する「一般向けプレビュー版」を公開すると発表した。

 今年秋にも正式版が出荷されるWindows 8。目玉はタッチパネル操作だ。「美しく、モダンで、速く、滑らか」とシノフスキー氏が自信を見せる、「メトロ」と呼ぶ新たなユーザーインターフェースを採用。端末の画面にタイル形状のアイコンを表示し、タッチパネルやマウスで操作する。マイクロソフトはWindows 8の投入で、米アップルの「iPad」や米グーグルのOS「Android」搭載機に比べて出遅れているタブレットでの巻き返しを狙う。

「メトロ」と呼ぶ新たなユーザーインターフェースを採用した

終わりつつあるパソコンの時代

 理由は明快。今後の成長が期待できるのは、タブレット型端末とスマートフォン(高機能携帯電話)だからだ。同社が覇権を握ってきたパソコンの“賞味期限”が切れつつある。

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長