• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「オバマの影」に焦るロムニー

  • ニューヨーク支局 細田 孝宏

バックナンバー

2012年3月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米共和党予備選でミット・ロムニー氏が先頭を走る。だが、「オバマの影」に撹乱され、陣営は神経質になってきた。予備選の長期化を狙った共和党は、想定外の消耗戦に悩む。

 目の前の敵だけでなく、オバマまで――。米大統領選挙の共和党予備選で主導権を握るミット・ロムニー前マサチューセッツ州知事は、早くも新たな難敵に悩まされ始めている。

 序盤戦のヤマ場である3月6日のスーパーチューズデーで、10州のうち6州で勝利を収めたロムニー氏。獲得代議員数はリック・サントラム元上院議員、ニュート・ギングリッチ元下院議長らを引き離す。

 だが、保守層の支持獲得には不安が残り、南部では苦戦している。それでも4月に入れば「穏健派」のロムニー氏に有利なニューヨーク州やカリフォルニア州などの大票田で予備選が実施される。最終的には、共和党の大統領候補に指名されるとの見方が大勢だ。

 だが、11月6日の本選挙まで見据えると、戦局は決して明るくはない。予備選で党内候補と争っている現段階から、本選の相手となるバラク・オバマ大統領の影がちらつき始めている。

 その光景が、得票率わずか1ポイント差でサントラム氏と大接戦になった中西部オハイオ州にあった。

 「僕は民主党を支持している。11月(の本選)はオバマに投票するつもり」。こう語る大学生のカリード・アルワニ氏は、共和党の予備選会場を訪れて、サントラム氏に投票した。元テレビ局勤務で、現在は年金暮らしを送っているボブ・シングルトン氏も票を投じたのはサントラム氏だった。彼も本選では、オバマ大統領に投票するという。

オバマ支持層が予備選を撹乱

 民主党やオバマ大統領の支持者が、共和党の予備選に参加する。奇妙に思える行動だが、オハイオ州の共和党予備選では制度上、可能だ。それを利用して民主党支持者たちが「撹乱戦」を展開した。「サントラムが共和党候補になれば本戦が楽に戦える」「それが無理でも予備選を接戦にしてロムニーを疲弊させよう」。そんな狙いからだ。

コメント1

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私の仕事は経営することではなく、リーダーであることです。

ジェンスン・フアン エヌビディア創設者兼CEO