• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

尊敬されているはずの上司と、犬のウ○コ

理想の上下関係なんて嘘くさい

2012年3月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ご相談

 どうすれば部下を掌握できるようになりますか。私が後から来たマネジャーで、別の業種から来たということもあり、バカにされているようなところあります。個別に呼んで指導しても、その場は卒なく返事しますが、指示通り動きません。(50代女性)

 遙から

 上司と部下の関係性は単に上下関係というのみならず、もっと繊細に区分できる。

 恐怖関係、情熱関係、師弟関係、仲良し関係、ビジネス関係…。

 人生ひとつ捧げかねない熱さから、冷徹な人間味のない関係までその温度も違う。

 上司からすると、尊敬と情熱を抱いてくれる部下に出会うことは理想だろうが、他人の例を見るとそれが切ないほどに困難であることを思い知らされる。

部下のフォローにぬかりないはずが

 他人から見ると、ツルの一声かというほど統率がとれている上司と部下の関係性があった。

 部下たちはいつも上司の指示に忠実で信頼に満ちた目の輝きがあり、気がつくことがあれば率先して動いた。上司と知人である私はその光景をいつも羨ましく眺め、「羨ましい」と事あるごとに言った。上司は平然と答えた。

 「私はそれだけのことを部下にしている」

 日ごろの感謝の物品は当然、誕生日などもあらゆる配慮でフォローしているというのだ。このフォローは忠実な部下を持つ女性上司たちがよく口にする。知人の中にはダイヤの指輪まで部下に買い与えているという豪傑までいる。

 ある時、街でその忠僕たちを偶然見かけたときのことだ。それは不思議な光景だった。

 部下たちはあきらかにソワソワしている。表情は嫌悪を露わにし、それはまるで道で犬のウンコを踏んでしまった時のような表情とでもいおうか、互いに見つめ合い、どうしたものかと判断をしかねているようだった。やがて、「いこ」「いこいこ」と嫌悪感を全身で隠さないままコソコソと中腰でその場を逃げるように去って行った。

 彼女たちをそこまで嫌悪に陥れたものは何か。私は彼女たちがさきほど凝視していた箇所に目を移した。

 …そこにいたものを見て、私は立ちすくんだ。

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「尊敬されているはずの上司と、犬のウ○コ」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

短期保有者のいいようにさせたら、中長期で保有したいと考えている株主はどうなるのか。

貝沼 由久 ミネベアミツミ社長