• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

速報!「mixiモール」開設の内側で、慎重なミクシィ、破顔のDeNA

新サービス開始に透けて見える2社の温度差

2012年3月21日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ミクシィは3月21日、自社が運営するSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)「mixi」内に物販ページ「mixiモール」を開設した。mixi内でつながっている友人や知人を介して商品情報が流通する仕組みを取り入れたのが特徴。ミクシィはこれまで広告収入、デジタルコンテンツ販売手数料などを収益源としてきたが、新たにEC(電子商取引)の収益が加わることになる。

「mixiモール」ではmixi内でつながっている友人や知人と商品の情報をやり取りできる

 ミクシィが開始したmixiモールはいわゆる「ソーシャルコマース」と呼ばれる事業。ソーシャルメディアを介して、商品に対するユーザーの意見や情報が拡散する。通常のECサイトでは商品の選択時に数多くの購入者の嗜好性を分析して最適な商品を推薦するのが一般的だが、ソーシャルコマースではソーシャルメディア上でつながっている知人や友人を介して推薦する。米フェイスブックは第三者の企業が自社ページ「フェイスブックページ」上でソーシャルコマースを展開する形をとっているが、ミクシィはSNS運営事業者自らが乗り出す選択肢を選んだ。

 とはいえ、mixiモールはミクシィが一から構築した訳ではない。組んだ相手は1999年からオークション&ECサイト「ビッダーズ」を運営するディー・エヌ・エー(DeNA)だ。

 ミクシィはこれまでもDeNAとの協業を進めてきた。ミクシィが開始したソーシャルアプリプラットフォーム「mixiアプリ」にDeNAが自社で運営するゲーム「怪盗ロワイヤル」を提供。その後、ミクシィがソーシャル拡散ボタン「mixiチェック」の機能を提供し、DeNAがソーシャルゲームプラットフォーム「Mobage(モバゲー)」に採用している。

 今回は第3弾の協業となる。mixiモールでは「CECIL McBEE」「HMV」「LUSH」「サンリオ」「ヴィレッジヴァンガード」「JINS」といったブランドが揃う。こうした出店者はDeNAが主に営業して開拓したもの。mixiモールとビッダーズは商品情報、在庫などが同じであるため、「1500店舗の約350万点の商品がmixiモールに並ぶ」(ミクシィのユーザーサービス本部コマース部の川岸滋也部長)という垂直立ち上げのメリットがある。

「mixiモール」に慎重になる理由

 ただ、ミクシィはmixiモールの売り上げ目標を公表しておらず、「事業の柱としてすぐに収益に貢献するとは見ていない」(ミクシィ)。ミクシィは現在、売り上げの7割以上を占めていたmixi内の広告売上高の比率を引き下げ、収益の多様化を図っている。

 2011年11月に開始した「mixiゲーム」でデジタルアイテム課金の売上高が過去最高を記録し、広告売上高は全体の6割近くまで下がっている。新たなEC事業による収入は収益源の分散化を図るミクシィにとって大きな取り組みのはずだ。

 にもかかわらずミクシィ側が慎重なのは、ソーシャルコマースの販売効果について懐疑的な声が市場で飛び交っているためだ。

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「速報!「mixiモール」開設の内側で、慎重なミクシィ、破顔のDeNA」の著者

原 隆

原 隆(はら・たかし)

日経コンピュータ記者

宮崎県出身。お酒が好きです。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長