• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

北朝鮮に自制の意思ゼロ

ミサイル発射、対外的含意とは

  • 阿久津 博康

バックナンバー

2012年4月11日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 北朝鮮が予告通りに「銀河3」(衛星運搬ロケット)による「光明星3」(地球観測衛星)の打ち上げを断行する可能性は極めて高い。2012年という年は故金日成主席生誕100周年であり、北朝鮮の悲願である「強盛大国(国家)の大門を開く」年であり、昨年12月に死去した金正日国防委員長の後を受け継いだ金正恩体制の発足を祝う重要な年だからである。また、元米高官が、同委員長死去前の昨年12月15日に北朝鮮政府の高官と接触し、「人工衛星」打ち上げに擬したミサイル発射を行うと告げられた旨明らかにしているが、それが事実なら、今回の発射も同委員長の「遺訓」の一部ということになる。今回の「地球観測衛星」打ち上げを「弾道ミサイル」発射として自制を求める多くの諸国をよそに、北朝鮮は発射実施に向けて邁進している。北朝鮮にとっては、後戻りという選択はないのであろう。

発射を正当化する「論理」

 日米韓やASEAN諸国を始めとする多くの国は「今回発射されるものはミサイルであり、国連安保理決議1874号などの国際法に違反する」としている。特に米国からすれば今回のミサイル発射は今年2月29日の米朝合意に違反するものであり、日本からすれば2002年9月17日の日朝平壌宣言に反するものである。他方、北朝鮮はあくまでも「地球観測衛星の打ち上げであり、それは主権国家としての正当な権利である」としている。2009年4月の弾道ミサイル発射の時と同様に、北朝鮮は予め国際機関に衛星打ち上げについて通知するなど、手続き上瑕疵がないことを示そうとしている。北朝鮮が今回の「銀河3」による「光明星3」の打ち上げをどのように正当化しているのか、若干詳細に紹介したい。

 北朝鮮は、3月16日、朝鮮宇宙空間技術委員会の報道官を通じて「故金日成主席の生誕100周年に際して、自前の力と技術で製作した実用衛星を4月12~16日の間に打ち上げる」と発表した。同報道官によれば、「今回打ち上げられる「光明星3」は極軌道に沿って周回する地球観測衛星であり、運搬ロケット「銀河3」によって、平安北道・鉄山郡の西海衛星発射場から南方に向けて」打ち上げられる。北朝鮮は「国際的規定と手順を踏んで国際民間航空機関(ICAO)と国際海事機関(IMO)、国際電気通信連合(ITU)などに必要な資料を通報するとともに、「衛星の打ち上げ過程に生じる運搬ロケットの残骸が、周辺の国々に影響を及ぼさないように、飛行軌道を安全に設定した」としている。さらに、翌日の3月17日、北朝鮮は「朝鮮宇宙空間技術委員会は、他国の権威ある宇宙科学技術部門の専門家と記者を招請して西海衛星発射場と衛星管制総合指揮所などを参観させ、地球観測衛星「光明星3」の打ち上げの実況を見せることになる」との報道も発表した。日本のJAXAにも招待状が届いたことが報じられている。4月8日付け労働新聞によれば、衛星打ち上げ観覧に招待された世界の主要なメディア関係者も既に平壌入りしている。

 また、3月18日、北朝鮮は、米日韓を始めとする諸国が、今回の衛星打ち上げを「朝鮮半島と北東アジアの平和と安定を脅かす重大な挑発行為」「国連安全保障理事会の『決議』違反」(同日付け朝鮮中央通信社論評)などと主張していることに対しても強く批判している。北朝鮮は「これは反朝鮮圧殺政策の典型的な発露で、われわれの平和的宇宙利用の権利を否定し、自主権を侵害しようとする卑劣な行為」、「われわれの衛星の打ち上げについてのみ問題視しているのは、わが国の尊厳と威容、科学的発展を目の上のこぶと見なしているからだ」としながら、「人工衛星の製作と打ち上げの問題において2重の尺度、2重の基準は絶対に許されない」と述べている。そして、「われわれが自主権に属する問題に関連し、誰かが言いがかりをつけるからといって、すでに計画した衛星の打ち上げを撤回すると思うなら、それは誤算だ」と発射の意志を明確にしている。

先軍政治を継承する北朝鮮の意図

 4月15日は金日成生誕100周年に当たるが、4月11日には朝鮮労働党代表者会が招集され、金正恩労働党中央軍事委員会副委員長が党総秘書(書記)に就任する可能性が高い。続いて、4月13日には最高人民会議第12期5回会議が招集され、国家の最高領導者である国防委員会委員長に就任する可能性もある。そうなれば、既に朝鮮人民軍最高司令官に就任している金正恩は、名実ともに北朝鮮の指導者としての全ての重要ポストに就任することになる。これにより、北朝鮮は金正恩体制の正式な出帆を内外に示すことができる。先軍政治を継承した金正恩体制下の北朝鮮の狙いは、正にその点にあるのであろう。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長