• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

新築「空室率38%」時代

2012年4月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビル建設ラッシュで、空室だらけの「オフィス2012年問題」。新築ビルの空室率は4割近くに達し、当面、改善は望めない。「建てれば入る」という都心ビル神話は、過去のものになる。

4月26日に開業予定の「渋谷ヒカリエ」。オフィス棟はディー・エヌ・エーなどが入り満室稼働。だが、こうしたケースは稀だ(写真:村田 和聡)

 「竣工前、満室稼働」。東京・渋谷駅に隣接する商業ビル「渋谷ヒカリエ」が、ビルオーナーの関心を集めている。

 4月26日に開業予定の同施設は、東京急行電鉄のお膝元である渋谷駅周辺の再開発計画の目玉プロジェクト。劇場やホールなど、開業前から様々な施設が話題を呼んでいるが、その中でオフィス関係者の興味を引いているのが、テナントの入居状況である。

 ソーシャルゲームで急成長を続けるディー・エヌ・エー、ライブドアを買収して話題となった韓国ネット大手NHNの日本法人、KDDIなどが入り、全フロア満室で稼働する。

 「竣工前にテナントがすべて決まるケースなんて…」。同業者からは、羨望とも嫉妬ともつかない声が漏れる。

「ヒカリエは例外中の例外」

 東京都心のオフィスは昨年から大型オフィスビルの竣工が相次ぎ、供給が一気に増えている。昨年12月に開業した地上40階建ての「住友不動産新宿グランドタワー」、今年2月竣工の東武鉄道「東京スカイツリーイーストタワー」。今後も、5月に東京駅前の郵便局跡に「JPタワー」が完成、2012年だけでも貸室総面積2000坪以上のオフィスビルが約30棟竣工する予定だ。

 ところが、供給とは裏腹に、借り手の動きは鈍い。ネットや医療といった一部の好況業種を除けば、多くの産業はオフィスを拡張するほどの業績は見込めない。経費削減のためのオフィス移転がある程度で、「渋谷ヒカリエの満室スタートは、例外中の例外」と不動産仲介業者は口を揃える。

 そのため、多くのオーナーはテナント探しに奔走している。先に挙げた有名ビルでも、いまだ過半のテナントが決まっていないものもあるという。

 新築ビル開業による「2012年問題」で、業界の構造的な課題が、いよいよ表面化してきた。オフィスビル仲介を手がけるビルディング企画の調査によると、都心5区(渋谷、港、中央、新宿、千代田)の高層ビルの平均空室率は、2012年2月に8.19%を記録した。

 一般に、店子と大家の力関係が逆転するのは、空室率5%と言われている。この水準を超えれば、テナントが優位になる。リーマンショック前の好況だった2007年などは、空室率は3%でオーナー優位だった。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「新築「空室率38%」時代」の著者

蛯谷敏

蛯谷敏(えびたに・さとし)

日経ビジネス記者

日経コミュニケーション編集を経て、2006年から日経ビジネス記者。2012年9月から2014年3月まで日経ビジネスDigital編集長。2014年4月よりロンドン支局長。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック