• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カンボジアで起業すべき10の理由

米ドルが流通、法人税が免除!

2012年5月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 カンボジア証券取引所が4月18日にオープンした。初日から、地元の投資家を中心に買い注文が相次ぎ、活況を呈している。同証取のホン・ソクホーCEOは「5年以内に20社の上場を目指す」と鼻息が荒い。カンボジア市場で企業を目指す日本人の若手起業家が、徐々にだが増えてきた。ミャンマー、ベトナム、インドネシア、シンガポールの陰に隠れてはいるものの、カンボジア市場は魅力にあふれている。カンボジアを目指す日本人起業家たちに、その理由を聞いた。

プノンペンのにぎわう市場

1.誰も目をつけていない
 カンボアで企業を目指す日本人は増えているが、その数はまだまだ少ない。現在、カンボジアに住む日本人はわずか2000 人で、そのうち7割くらいがJICAの関係者かボランティアと言われる。つまり、日本人ビジネスパーソンは 600人程度と推測される。もちろん、その大半が日本企業の現地駐在員。起業家となるとほんの一握りにすぎないだろう。これは日本人の間でブームとなっているインドネシアやベトナムとは大違いだ。ビジネスは逆張りが基本。そういう意味でカンボジアは穴場だ。

2.成長率は8%を上回る
 カンボジアは1994年に内戦を終えた。その後、高成長が続いた。2000年からはさらに拍車がかかった。2000年以降の経済成長率は平均で8%を上回る。インフラは未整備ながら、発展の余地は大きい。

3.米ドルが流通している
 カンボジアには「レル」というれっきとした現地通貨がある。だが、現実はドルが主流で、レルは補助通貨になっている。市場に流通している通貨の9割はドルだ。預金の95%もドルと言われる。カンボジアは経済が成長したため、現在はインフレ気味。金利は高く、預金金利は5%に上る。ドル預金を金利5%で運用できる国は他にない。

 他の新興国の場合、起業家がせっかく稼いでも、現地通貨はインフレ気味で信用が低い。持っていても、うま味が少ない。また海外に持ち出せない場合もある。これでは事業をする意義が問われる。高成長の新興国なのにドルで事業ができるのはカンボジアの大きな魅力だ。

4.英語が通じる
 カンボジアの公用語はクメール語。これは非常になじみが薄く学びづらい言語だ。しかし、首都プノンペンにいる限り、英語で事足りる。タクシーから場末のレストランまで英語でOKだ。理由は単純、経済がオープンになりグローバル化する中で、英語が話せるだけで給料が2~3倍となる。なので、カンボジア人が英語に取り組むインセンティブは高い。短期間で、あっという間に英語を習得している。英語が通じるのは、起業環境として理想的だ。

5.通信インフラが整っている
 カンボジアでは、いわゆるリバース・イノベーションが起こっているようだ。固定電話回線の施設をすっ飛ばしてモバイル環境の整備が進んでいる。携帯電話の普及率は人口比で100%超と言われる。Wifi設備を持つ街角のカフェも、日本よりずっと多いと言う。ある人はカンボジアの現状を「携帯電話のある三丁目の夕日の時代」とたとえた。

コメント0

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「カンボジアで起業すべき10の理由」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

全体の2~3割の人でも理解し、動き出してくれれば、会社は急速に変わります。

中村 克己 元ルノー副社長、前カルソニックカンセイ会長