• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

国内最大80型テレビに賭けるシャープ

事業黒字化へニッチ商品で孤独な戦い

2012年5月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「大型テレビなら価格下落は止まるのか」「堺の第10世代工場のコスト競争力がどう生きるのか」――。

 4月中旬にシャープが開いた、国内で最大となる80型液晶テレビの製品発表会。画像の表示性能やネットワーク機能といった製品の魅力よりも「それで、どれくらい儲かるの?」という点に記者の質問が集中した。

 これはある意味当然だろう。2011年度に3700億円を超す最終赤字を計上した同社の業績はかつてないほどに厳しい。

 台湾のEMS(電子機器の受託生産)大手である鴻海(ホンハイ)精密工業からの出資を受け減損リスクは解消したが、まだ将来の展望を描き切れているとは言えない。80型が、苦戦する薄型テレビや液晶事業の止血役になれるのか、という疑問が消えなかったからだ。

シャープが投入する国内最大の80型液晶テレビ

 国内市場の売れ筋である40型と比べ4倍の表示面積を持つ80型の液晶テレビを同社が発売するのは6月。北米市場で一定の成果を上げたテレビの大型化戦略を主戦場の国内でも本格展開する。

 ただ「売れ筋の30型や40型ではもはや稼げないから、大型を売るしかない」という消極的な動機に、同社の商品戦略がかなりの部分、依存している面は否定できない。

 ここまでのところ、急場をしのぐ収益改善策として大型化戦略は奏功してきた。60型以上に製品ラインナップを絞り込んだ北米市場では、大型テレビを供給する競合企業が少ないこともあり、同社が金額ベースで1割近いシェアを獲得できているもよう。2012年3月期はテレビ事業が赤字を計上する中、北米は黒字を確保したと見られる。

 同社は今期、液晶テレビで1000万台の販売台数を予定する。前期比2割弱減る見通しだが、値崩れが抑えられる大型の構成比を高めることで、テレビ事業の黒字浮上を計画する。

 だが、米国よりも住宅が狭い日本でどこまで大型テレビが普及するのかについて、同社がどの程度の確証を得ているのかは不明だ。

コメント7

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「国内最大80型テレビに賭けるシャープ」の著者

田中 深一郎

田中 深一郎(たなか・しんいちろう)

日経ビジネス記者

日経新聞科学技術部、証券部を経て、2012年4月より日経ビジネス記者。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長