• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ネット通販で狙われる日本人

2012年6月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

インターネットの普及とともに増加する越境取引。その取引で商品未到着や模造品の被害が急増している。性善説の消費行動を取る日本人が狙い撃ちされている。

 「これは明らかに偽物じゃないか」。東京都港区に住む会社員の男性(40歳)は2011年12月、米国のEC(電子商取引)サイトからジーンズ3着を購入した。定価であれば1着4万円近くするジーンズが3着で2万円。インターネットで検索して見つけたサイトで、これは安いと飛びついた。だが、届いた商品は一目で分かる模造品だった。

 憤慨して男性は日本の直営店に持ち込んだが、「これは偽物ですね」とにべもない対応。販売元と交渉したが、返品時の配送料どころか、購入時の商品配送料も負担しなければ返品には応じないと言われ、泣き寝入りした。

 「模造品を販売するような怪しいサイトではないと思ったのに」。男性は安易な判断を悔やむが、既にこのサイトは閉鎖。どうすることもできない。

 今、日本人の消費者が海外のECサイトから商品を購入して被害に遭うケースが多発している。消費者庁越境消費者センター(CCJ)は2011年11月から、越境取引に関する消費者の相談窓口を開設。今年5月中旬までに集まった相談は1000件を突破した。

 トラブルで最も多いのが、「商品未到着」と「模造品」だ。この2つでトラブル全体の6割を占める。長期的に見れば円高のトレンドの中で、海外から直接購入した方が安いと考える日本人の消費者は多い。しかし、これを手ぐすね引いて待ち受けているのが海外の詐欺サイトだ。

ニッポンの品質が裏目に

 「金額をお支払ってください」「ご指定な住所に届けます」「オンタイム的に連絡いたします」…。

 一見、日本語でブランド品を格安で販売しているECサイトだが、よくよく見るとおかしな日本語が散見される。これは模造品を送りつけてくるサイトに共通する特徴だ。

 「極端に安く販売しているサイトは疑ってかかるべき」とCCJの矢井知章氏は言う。サイトに「返品を受け付ける」と書いてあっても、実は模造品と分かった時点で事業者への返品はできない。禁制品の輸出行為に当たり、違法行為になるためだ。「日本の消費者はこうした知識を意外なほど知らない」(矢井氏)。だからこそ拙い日本語に翻訳してまで日本人を狙う。

 「越境取引のトラブルが起きる背景には、日本の高度なサービス品質がある」。こう語るのは消費者庁消費者政策課の水間玲・政策企画専門官だ。これまでCCJが間に入り解決したトラブルのうち約3割は、「自然解決」。つまり、商品が届かないと相談してきたにもかかわらず、待っていたら届いたというケースだ。

コメント6件コメント/レビュー

高級品をネットで売り主の実態も知らずに購入するとは勇気がある!ネット通販は店が日本のものだとしても、商品供給も受注処理も全て外国で行われている可能性は低くない。先日あるサービス内容の事でフリーダイヤルに電話したらたどたどしい日本語が聞こえて来た。こちらから話した内容をどの程度理解してもらっているのか分からず、向こうから聞こえて来る日本語も6、7割程度しか理解出来ない。例えばこれがクレーム処理だったとしたら悲惨である。双方向で夫々6、7割程度の理解だとすると、全体として3割から5割の理解で最後まで話を付けないといけないのだから大変だ。製品品質が良かったとしても何等かのサービスを受ける必要がある場合、かなりの苦労を強いられる。ましてや製品品質そのものが分からない相手から『高級品』を買う事が非常にリスクの高い取引だと理解しなければならない。高級ブランドの偽物は偽物にもランクがある程やたらと多い。『本物』を作っている工場から流れる偽物もあるという。 昔からのことわざに『安物買いの銭失い』というのがある。ブランド品が本当に欲しいなら直営店で買ったら良い。『ブランド』という実態の余りはっきりしない物に非常な大金を支出する事が馬鹿げている。『良い物を見つけて買ってみたら有名ブランド品だった』というのが良い。『有名ブランド品』だから買う愚はそろそろ卒業した方が良い。(2012/06/05)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「ネット通販で狙われる日本人」の著者

原 隆

原 隆(はら・たかし)

日経コンピュータ記者

宮崎県出身。お酒が好きです。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

高級品をネットで売り主の実態も知らずに購入するとは勇気がある!ネット通販は店が日本のものだとしても、商品供給も受注処理も全て外国で行われている可能性は低くない。先日あるサービス内容の事でフリーダイヤルに電話したらたどたどしい日本語が聞こえて来た。こちらから話した内容をどの程度理解してもらっているのか分からず、向こうから聞こえて来る日本語も6、7割程度しか理解出来ない。例えばこれがクレーム処理だったとしたら悲惨である。双方向で夫々6、7割程度の理解だとすると、全体として3割から5割の理解で最後まで話を付けないといけないのだから大変だ。製品品質が良かったとしても何等かのサービスを受ける必要がある場合、かなりの苦労を強いられる。ましてや製品品質そのものが分からない相手から『高級品』を買う事が非常にリスクの高い取引だと理解しなければならない。高級ブランドの偽物は偽物にもランクがある程やたらと多い。『本物』を作っている工場から流れる偽物もあるという。 昔からのことわざに『安物買いの銭失い』というのがある。ブランド品が本当に欲しいなら直営店で買ったら良い。『ブランド』という実態の余りはっきりしない物に非常な大金を支出する事が馬鹿げている。『良い物を見つけて買ってみたら有名ブランド品だった』というのが良い。『有名ブランド品』だから買う愚はそろそろ卒業した方が良い。(2012/06/05)

2ページ目では何を言いたいのかさっぱり分かりません。編集の際に記事の一部が欠落したのではありませんか?(2012/06/05)

根本は個人輸入した場合の本体価格プラス送料の2~3倍もの価格を輸入代理店がつけていることもザラにあるというガラパゴス国内事情なわけで。語学の重要性をしみじみと感じます。(2012/06/05)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長