• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「フィリピン英会話はアメリカで通用しない!」

米名門校の学生から正統派英語を身につけ、世界で通用する人材に

2012年6月13日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 フィリピン人講師によるオンライン英会話レッスンが盛んである。フィリピン人が講師を務めるオンライン英会話スクールの数は今や60を超えている。料金の手軽さ――25分で100~1000円――や、すきま時間を使える便利さで支持を拡大している。そのフィリピン英会話ブームに殴り込みをかける男がアメリカ西海岸に登場した(詳細は拙著『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか?!』を参照)。

スキマトークの創始者
清水幸治氏

 スキマトークの創始者、清水幸治氏だ。スタンフォード大学と並ぶシリコンバレーのメッカ、カリフォルニア大学バークレー校のビジネススクールを卒業。アメリカ名門校在学生をインストラクターとするオンライン英会話スクール事業をアメリカ西海岸に起ち上げた。

 清水氏は「フィリピン英会話で1年間鍛えた英語が、アメリカ留学で通用しなかった」経験を持つ。アメリカでも通じる「雇用を守る英語」こそがグローバル時代の日本人に必要な英語と定義し、アメリカ名門校の学生が使う訛りのない英語を日本人に広めることを目指している。

インストラクターはすべてアメリカ名門校のネイテイィブ学部生

フィリピン英会話教室を含めた、格安のスカイプ英会話教室とどう差別化していくか?

清水:講師の質、使い勝手、購入障壁の低さの3点で勝負していきます。

 まず、講師の質について。現在はネイティブ英語スピーカーに限っているので、当然ながら訛りがありません。英会話インストラクターの経験が豊富な学生や、インストラクターの経験はなくてもアメリカの大学受験をくぐり抜けてきた地頭の良い学生を中心にリクルートしています。

 我々は彼らを管理したりしません。代わりに生徒の評価(5つ星評価)をオープンにしています。各インストラクターは自分の評価を守るために、他のインストラクターと競争しながら、創意工夫して、熱意を持って教えてくれます。やる気や能力のないインストラクターは淘汰されます。我々が認定した評判の高いインストラクターは、現在の9ドル/25分の上限設定をはずすこともできます。結果的に、綺麗な英語を話す、優秀かつ熱意のあるインストラクターが集まるようになると思っています。

 使い勝手については、インストラクターを世界中から集め、24時間いつでも、どこにいても、レッスンを受けることができる状況を作ります。ただ、現在はインストラクターの数が少なく、西海岸、東海岸、ニュージーランド(NZ)にしかいない。リクルートにもう少し時間がかかります。その他、ウェブサイトのユーザー・インターフェイスをなるべく感覚的に使えるようし、購入までのクリック数をなるべく少なくするようにしています。

コメント22件コメント/レビュー

提案の英会話教室はいいアイディアに思えますが、先進国の優秀な学生の時給はかなり高くないでしょうか。バークレーにおられたのならその中でも特に高いベイエリア水準はご存じだと思いますが・・・アメリカの上位校の学生ならインターンでも時給$15以上ではないでしょうか?教育の道に進むとか、日本などの異文化との関わりがある仕事を将来に描く学生以外だと金銭的インセンティブがないと人材確保が難しいように思います。本当は子供(中学生や高校生)でも講師として十分であると思いますが、多くの国で雇用に障害があります。後は時差でしょうか。日本のビジネスマンにとって都合の良い夜は、東部の学生は早朝か授業中。西部は夜中~早朝になります。ヨーロッパだと東の方なら授業が終わっていますが英語圏ではない。アジア・オセアニア圏ではニュージーランドかオーストラリア以外は中国語かインド系の言語のアクセントがあります。ネットワークのインフラは接続コストは下げますが、文化と共に物理的時間のギャップは埋められません。西海岸で働いていて日々感じることです。(2012/06/21)

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「「フィリピン英会話はアメリカで通用しない!」」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

提案の英会話教室はいいアイディアに思えますが、先進国の優秀な学生の時給はかなり高くないでしょうか。バークレーにおられたのならその中でも特に高いベイエリア水準はご存じだと思いますが・・・アメリカの上位校の学生ならインターンでも時給$15以上ではないでしょうか?教育の道に進むとか、日本などの異文化との関わりがある仕事を将来に描く学生以外だと金銭的インセンティブがないと人材確保が難しいように思います。本当は子供(中学生や高校生)でも講師として十分であると思いますが、多くの国で雇用に障害があります。後は時差でしょうか。日本のビジネスマンにとって都合の良い夜は、東部の学生は早朝か授業中。西部は夜中~早朝になります。ヨーロッパだと東の方なら授業が終わっていますが英語圏ではない。アジア・オセアニア圏ではニュージーランドかオーストラリア以外は中国語かインド系の言語のアクセントがあります。ネットワークのインフラは接続コストは下げますが、文化と共に物理的時間のギャップは埋められません。西海岸で働いていて日々感じることです。(2012/06/21)

会話という水準で見れば、国に限らず小学校に上がるレベルで基本的な言葉は完成されています。10歳を過ぎれば語彙や中身の理解は別にして会話のレベルは大人と変わりません。ネイティブのその年代の違いが計れないツール(TOEIC)でビジネスや留学レベルで使えるかの判断に使えるでしょうか。もっと簡単に計る方法があります。例えばアメリカのドラマでも映画でも字幕なしにおおよそ判るなら(8割以上Dictateできるなら)大丈夫ではないでしょうか?自分に嘘をつかなければ、自分自身で確認できます。TOEIC700点台だと多分半分でも難しいでは?  日本にいて現状の教員に期待するのは無理があります。国でも個人でも本気になるなら相当の覚悟を持ってすべきでしょう。韓国、台湾、中国などの英語が国語でない国々の人は、全体を眺めるとビジネスレベルでは日本のビジネスマンより上の実力に思います。また日本の企業で語学が堪能な人は営業系に偏っています。そういう意味でも自分の雇用を守るレベルの英語へのハードルは相当に高いと思います。フィリピンで現地人と英語でコミュニケーションする環境で5年働いた人が、米系企業に転職して電話会議が全くできませんでした。フィリピン英会話でうまくいかなかったと言われる部分は腑に落ちます。(2012/06/21)

 タイトルを見て興味を持ち、記事を拝見させていただきました。 フィリピン英会話にはない利点に関して、「訛り」が取り上げられてましたが、訛りの存在はそこまで決定的な問題かなあ、という感想も持ちました。世界で活躍するインド人やシンガポール人のエリートでも独特の英語を話される方も多いですし、単純に英米の英語と発音イントネーションが異なるという事がコミュニケーションの障害になることは少ないように思います。 ただ、日本人が聞いて笑ってしまうような訛りでも、通じるものとそうでないものがある印象を受けます。あと、英米人に通じる言い回し・そうでない言い回しというのがコミュニケーションで大きく影響を受けるように感じます。ここで訛りと総括している要素にこういったものが含まれているのか補足していただけるとありがたいのですが、いかがでしょう。(2012/06/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長