「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」

「フィリピン英会話はアメリカで通用しない!」

米名門校の学生から正統派英語を身につけ、世界で通用する人材に

>>バックナンバー

2012年6月13日(水)

1/6ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加はてな
  • mixiチェック
  • Facebookでシェアする 0

印刷ページ

 フィリピン人講師によるオンライン英会話レッスンが盛んである。フィリピン人が講師を務めるオンライン英会話スクールの数は今や60を超えている。料金の手軽さ――25分で100〜1000円――や、すきま時間を使える便利さで支持を拡大している。そのフィリピン英会話ブームに殴り込みをかける男がアメリカ西海岸に登場した(詳細は拙著『君は、こんなワクワクする世界を見ずに死ねるか?!』を参照)。

スキマトークの創始者
清水幸治氏

 スキマトークの創始者、清水幸治氏だ。スタンフォード大学と並ぶシリコンバレーのメッカ、カリフォルニア大学バークレー校のビジネススクールを卒業。アメリカ名門校在学生をインストラクターとするオンライン英会話スクール事業をアメリカ西海岸に起ち上げた。

 清水氏は「フィリピン英会話で1年間鍛えた英語が、アメリカ留学で通用しなかった」経験を持つ。アメリカでも通じる「雇用を守る英語」こそがグローバル時代の日本人に必要な英語と定義し、アメリカ名門校の学生が使う訛りのない英語を日本人に広めることを目指している。

インストラクターはすべてアメリカ名門校のネイテイィブ学部生

フィリピン英会話教室を含めた、格安のスカイプ英会話教室とどう差別化していくか?

清水:講師の質、使い勝手、購入障壁の低さの3点で勝負していきます。

 まず、講師の質について。現在はネイティブ英語スピーカーに限っているので、当然ながら訛りがありません。英会話インストラクターの経験が豊富な学生や、インストラクターの経験はなくてもアメリカの大学受験をくぐり抜けてきた地頭の良い学生を中心にリクルートしています。

 我々は彼らを管理したりしません。代わりに生徒の評価(5つ星評価)をオープンにしています。各インストラクターは自分の評価を守るために、他のインストラクターと競争しながら、創意工夫して、熱意を持って教えてくれます。やる気や能力のないインストラクターは淘汰されます。我々が認定した評判の高いインストラクターは、現在の9ドル/25分の上限設定をはずすこともできます。結果的に、綺麗な英語を話す、優秀かつ熱意のあるインストラクターが集まるようになると思っています。

 使い勝手については、インストラクターを世界中から集め、24時間いつでも、どこにいても、レッスンを受けることができる状況を作ります。ただ、現在はインストラクターの数が少なく、西海岸、東海岸、ニュージーランド(NZ)にしかいない。リクルートにもう少し時間がかかります。その他、ウェブサイトのユーザー・インターフェイスをなるべく感覚的に使えるようし、購入までのクリック数をなるべく少なくするようにしています。

ここから先は「日経ビジネスオンライン」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。ご登録のうえ、「ログイン」状態にしてご利用ください。登録(無料)やログインの方法は次ページをご覧ください。



関連記事

コメント

参考度
お薦め度
投票結果

記事を探す

読みましたか〜読者注目の記事