• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

誰でも乗れるホンダの一輪車

混雑した空間でも安全に移動

2012年7月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年5月、ホンダが電動式の一輪車「UNI-CUB(ユニカブ)」を発表した。現在、実用化に向け、東京・お台場の日本科学未来館で実証実験中だ。空港やショッピングモールなど大型施設での移動を想定している。

 「空港やショッピングモール、水族館など屋内施設の大型化が進み、滞在時間や移動時間が増加する中、これまでにない“パーソナルモビリティ”が求められている。『UNI-CUB(ユニカブ)』は、安全に、しかも効率的に移動するというニーズに応えることができる全く新しい乗り物だ」

 こう語るのは、本田技研研究所・二輪R&Dセンター企画室の末田健一主任研究員だ。

体を傾けるだけで行きたい方向に

 UNI-CUBとは、同社が開発した電動式の一輪車。行きたい方向に上半身を軽く傾けるだけで、前後、左右、斜めと、あらゆる方向に自由に移動できる。また、従来の一輪車や自転車と違い、止まっても倒れることなく、その場に立ったままでいられるし、車輪が地面に接している一点を中心に、360度回転することもできる。しかも、練習しなくても、乗った瞬間から直感的に操縦できてしまうのも特徴だ。

「UNI-CUB(ユニカブ)」。“ユニ”はユニサイクル、ユニーク、ユニバーサルから取った。一見ペンギンにも見えるデザインだ

 上半身の重心を傾けるだけなので、隣を歩く人と歩調を合わせるといったことも簡単にでき、自動車やオートバイのように急加速する危険性もない。空港やショッピングモールなど多くの人が行き交う屋内施設でも、周囲に威圧感や恐怖感を与えることなく、安心して空間を共有できる。

 また、UNI-CUBにあらかじめ巡回ルートと速度を入力しておくことで、来場者が迷うことなく、予定の時間通りに博物館や展示場などを見て回るといった使い方もできるという。

コメント4

「日本キラピカ大作戦」のバックナンバー

一覧

「誰でも乗れるホンダの一輪車」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手