• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

行列嫌いの香港人を4時間並ばせる日本ラーメンの秘密とは?!

日本ラーメンを「現地化」することで、ハンバーガーを上回る「グローバル食」目指す

2012年8月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 うだるような暑さが続く日本列島。その日本発のラーメンがアジアで注目を集めている。行列しないことで有名な香港人を、この暑さの中、4時間以上も並ばせている日本のラーメン店がある。行列ができた様子は、香港の各種メディアを大きくにぎわせた。その店の名は「凪」。風のないところに風を起こし、皆で進み続けることを目指すという気持ちを込めている。

香港店行列の様子(撮影:ラーメン凪)

 凪は2004年に新宿ゴールデン街でスタート。新宿に3店舗、渋谷に2店舗と国内での店舗網を広げた。今は香港でも2店舗を運営。まもなく3店目がオープンする。今後はインドネシアの首都、ジャカルタへの進出を目指す。

 ラーメンを「ユニバーサルヌードル」と定義し、グローバル展開を目指す凪の生田智志社長に話を聞いた。

スープ失敗による店じまいが好評につながる

田村:香港人は行列をしないことで有名です。グルメな人であっても、有名店が混んでいたら、次の店を探します。そんな気の短い香港人が、なぜ、凪では行列をなすと思いますか? 味が好まれているのですか?

生田:ズバリ、日本を感じていただいているのだと思います。もちろん、凪ラーメンは世界で一番美味しいと私は思っています。でも、それだけで行列を作るのは難しい。香港の人は日本に対して非常に好感を持っており、日本によく旅行にいきます。つまり彼らは日本の良さをリアルに知っているのです。その日本のものが突如として香港に現れたので、かなり衝撃があったのだと思います。ということで、味を含めた“凪の日本らしさ”すべてが行列の理由だと思います。

凪の生田智志社長(撮影:ラーメン凪)

 オープン間もないある日、スープが焦げ付いてしまいました。焦げ付いたスープを使って商売するなんて我々の辞書にはありません。もちろん、その日は即店じまいです。その日は、夜の営業をすることもできず、お越しいただいたお客様には謝罪しサービス券をお渡ししました。本来なら恥ずべき事です。でも、香港のお客様は「家賃の高い香港でスープが失敗したくらいで店を閉めるなんてあり得ない」と納得して、というか、評価してくださいました。

田村:なるほど。どうやって宣伝したのですか? 地元のテレビや新聞? まさか口コミ?

生田:特に大きな宣伝はしていません。ただ開店前の情報をブログや日本のTwitterにアップしていました。香港の人たちはそれを見ていたのです。それが中国TwitterやFacebookを通じて広がっていったのです。香港のラーメンファンは驚くほど熱心に情報収集をしています。今はSNS全盛時代。SNSは、通常のメディアより有効で、お金もかからない。

コメント0

「田村耕太郎の「経世済民見聞録」」のバックナンバー

一覧

「行列嫌いの香港人を4時間並ばせる日本ラーメンの秘密とは?!」の著者

田村 耕太郎

田村 耕太郎(たむら・こうたろう)

前参議院議員

早稲田大学卒業、慶応大学大学院修了(MBA取得)、米デューク大学ロースクール修了(証券規制・会社法専攻)(法学修士号取得)、エール大学大学院修了(国際経済学科及び開発経済学科)経済学修士号。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏