• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

映画『アベンジャーズ』の日本公開が世界で最も遅かった理由

製作者の米マーベル・スタジオCEO、ケヴィン・ファイギ氏に聞く

2012年8月28日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

全世界で記録的なヒットを収めている「アベンジャーズ」が8月14日、ついに日本で公開となった。アメリカンヒーローが一同に介する映画は、なぜヒットしたのか。そして、この映画を制作した米マーベル・スタジオは、親会社である米ウォルト・ディズニー・カンパニーと共に今後どのような事業を展開したいと考えているのか。同スタジオのケヴィン・ファイギCEOに聞いた。

「日本よ、これが映画だ。」という挑戦的なキャッチコピーが、日本国内で大きな話題になっています。

マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギCEOと、公開中の映画『アベンジャーズ』の日本市場向けポスター(写真/竹井 俊晴)

ファイギ:(横に置かれた「アベンジャーズ」の日本市場向けポスターを見て)ああ、ここに書かれている日本語のコピーはそういう意味なの? それはグッドだね。

 言っていることは事実だよ。「これが映画」。まさにそうなんだ。今年最大のヒット作がこの映画。日本は、アベンジャーズがいちばん遅く公開される国。世界中でヒットを飛ばした上で、あえて日本に持ってきた。だからこういったコピーになったのだろう。

全世界に遅れる形で日本公開に踏み切ったのはなぜですか。

ファイギ:映画配給を担当した、ウォルト・ディズニー・ジャパンのアイデアでそうしたんだ。宣伝期間が十分でないまま全世界と同じタイミングで公開するより、世界でヒットした事実を市場に浸透させた上で公開する。そうすることで、日本の観客に「他の国でこんなに記録的なヒットを飛ばしている作品なら、ひとつ見てみるか」と思ってもらえるのではと。あくまで戦略として、日本での公開を遅らせたんだ。

日本ではマーベルのアメコミ(アメリカンコミック)キャラクターがあまり知られていないからこそ、世界でヒットした事実を前面に打ち出す戦略を取ったということですね。ちなみに、4月から順次、世界各国で公開し、既に、『アバター』『タイタニック』に次ぐ歴代興行収入3位にランクインしています。ヒットの要因はどこにあると思いますか。

ファイギ:何と言っても娯楽性の高さだろうね。見ていてとにかく楽しい。

 おかげさまで世界中で大ヒットしているけれど、もしかしたら映画館を訪れた観客の多くが、映画に登場するヒーローのことを何も知らなかったかもしれない。アベンジャーズに登場するキャラクターを使った過去の映画作品についても、一切ご覧いただいていない人が多かったのではと思う。

 我々はこの映画を「パート1」、すなわち入門編と捉えて、全世界の人に広く観てもらえればと思っていた。だからあえて、登場するキャラクターのことを知らなくても十分に楽しめる作品にしたんだ。映画の随所に含まれるユーモアと、観客が共感できるような人間味をそれぞれのキャラクターに与えたことが、事前の知識がなくても楽しんでもらえた理由でしょう。

 映画には「アイアンマン」や「キャプテン・アメリカ」「ソー」など様々なアメリカンヒーローが登場する。彼らはそれぞれ悩みを持っている。欠点もある。ヒーローなのにとても人間くさい。だから観客は共感できるし、これだけ世界の人たちに愛されたのだと思うよ。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「映画『アベンジャーズ』の日本公開が世界で最も遅かった理由」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

もっと事業を効率化して、料金を下げて、消費者に貢献しないと業界はだめになってしまう。

和田 眞治 日本瓦斯(ニチガス)社長