• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【特報】英ヴァージン航空、羽田へ名乗り

2014年夏に新型機「ボーイング787-9」で就航目指す

2012年9月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

英ヴァージン・アトランティック航空が、2014年に拡大される羽田空港の国際線発着枠の獲得に向けて動き出したことが本誌の取材で明らかとなった。現在の成田―ロンドン便を羽田発着に移管し、提携先である全日本空輸の国内線への乗り継ぎを容易にする。新路線には2014年に納入される最新鋭航空機「ボーイング787-9」を投入し、機内のサービスも拡充する。2014年はヴァージンが日本に就航してから25周年となる節目にあたる。同社のスティーブ・リッジウェイCEO(最高経営責任者)に話を聞いた。(聞き手は、ロンドン支局 大竹剛)

2014年に羽田空港の国際線発着枠が拡大する。英ヴァージン・アトランティック航空は発着枠の獲得に乗り出すのか。

リッジウェイ:私たちは、2014年夏ごろの羽田就航を目指すことにした。これからの交渉の行方にもよるが、羽田空港の国際線発着枠の拡大に合わせて、現在の成田空港―ロンドン・ヒースロー空港便を羽田発着に移し、お客様が利用しやすい昼間の時間帯にロンドン便を毎日飛ばす計画だ。既に、発着枠の申請に向けて動き出しており、ヴァージンは欧州の航空会社の中では、2014年に拡大する羽田空港の発着枠を正式に申請する最初の会社となるだろう。

英ヴァージンアトランティック航空のスティーブ・リッジウェイCEO(最高経営責任者)は、「2014年夏から羽田空港に就航したい」と語る(写真:永川智子)

 羽田空港からは提携先である全日本空輸の国内線との乗り継ぎが容易になるため、全日空との協力関係はこれまで以上に拡大していきたい。そして、2014年は最新鋭機「ボーイング787-9」の納入が始まる時期と一致する。私たちは、羽田空港にボーイング787-9をいち早く飛ばしたいと考えている。ボーイング787-9を使ってどのようなサービスを提供するか、その詳細はまだ言えないが、羽田―ロンドン便はヴァージンの新たな商品やサービスをお披露目する“ショーケース”となるはずだ。

 偶然にも、2014年はヴァージンが日本市場に参入してから25周年の節目にあたる。日本市場は私たちにとって、とても感情的に特別な意味を持つ。ヴァージンは1984年に米国向けに運航を始めたが、日本への運航開始は89年であり米国以外の国では最も早かった。そのため、ヴァージンは日本に極めて強い絆を感じている。2014年の羽田就航と新型機の導入は、ヴァージンと日本市場の密接な関係を示す象徴的な出来事となる。

英ブリティッシュ・エアウェイズに短距離路線でも戦いを挑む

既に、羽田空港には早朝の発着でブリティッシュ・エアウェイズ(BA)が乗り入れている。ヴァージンのライバル、BAとの競争が今以上に激しくなりそうだ。

リッジウェイ:ヴァージンが羽田空港に就航することで、ヴァージンもBAと同様の選択肢をお客様に提供できるようになる。BAは日本航空と密接に協力し合っており、BAもヴァージン同様に2014年以降は昼間の発着枠に移行したいと思っているはずだ。

 ヴァージンとBAは、お互いに英国の航空会社として長距離路線で競争してきた。しかし今年、BAの親会社インターナショナル・エアライン・グループ(IAG)が、独ルフトハンザ航空傘下で英国の国内線を手掛けていたブリティッシュ・ミッドランド航空(BMI)を買収した。これにより、BAとの競争が新たな段階に突入した。

 長距離路線のヴァージンはこれまで、短距離路線のBMIと提携して、BMIと一緒にBAに対して戦いを挑んできた。しかし、BMIというパートナーを失ったことで、私たちは自ら、英国内の短距離路線に参入する決意を固めた。IAGのBMI買収によって、BA陣営はロンドン・ヒースロー空港で独占的地位に立ったことから、ヒースロー空港の発着枠を一定数、手放すことを求められた。私たちはその発着枠を獲得して、まずはマンチェスター、そしてスコットランドのエジンバラとアバディーンにも就航する計画だ。実現には11月末までに下される欧州委員会による決定を待つ必要があるが、発着枠獲得に向けて今後3カ月、全力を尽くす。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「【特報】英ヴァージン航空、羽田へ名乗り」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長