• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「ビックロ」が映す家電不況

2012年9月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ビックカメラとユニクロが“共同店”を出店する。店名は「ビックロ」。両ブランド名を掛け合わせて誕生した。「お祭り騒ぎ」の出店で、家電の苦境を跳ね返せるか。

ビックカメラ新宿東口新店は「ビックロ」に。宮嶋宏幸ビックカメラ社長(写真上の左)と柳井正ファーストリテイリング会長兼社長(同右)

 「(この短期間に)3回もセールをやるなんて、ビックカメラさんはさすが商売人だと思いますよ」

 ユニクロを展開する衣料品大手ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は、9月11日に行われた家電量販店大手ビックカメラとの共同会見で、同社について開口一番こう評した。

 この会見で、両社はビックの既存店「新宿東口新店」を「ビックロ」としてリニューアルオープンすると発表した。ビックのフロアでユニクロ商品の一部を販売するなど共同運営する。9月27日のオープンに当たっては、新宿駅内外の至る所に広告を出すほか、山手線の一部電車を「ビックロ号」にしたり、東京都内の「ちんどん屋」を総動員して街を練り歩かせるなど、まさにお祭り騒ぎの開店となりそうだ。

 さらにビックは改装の前後でセールを実施する計画だという。同社は新宿東口新店を開店した今年7月にもセールを開催したばかり。開店から3カ月足らずで、計3回のセールを連発するわけだ。

 昨年に終了したエコポイント制度や地上デジタル放送への移行に伴う特需の反動で、業界は需要不足に悩まされている。宮嶋宏幸社長は会見で「客足は回復しつつあるものの、依然として業界は厳しい。今回のようなコラボレーションで来店客数を高めたい」と語る。

家電だけでは成長が困難に

 ユニクロと融合したブランド展開や「お祭り騒ぎ」のリニューアルオープン、そしてセールの連発などを仕掛けるビックカメラ。その背景には、どんな手を使ってでも集客につなげたいという苦しい胸の内が透けて見える。

 店舗名はその象徴だ。新宿東口新店の建物は三越伊勢丹ホールディングスからビックが一括で借り上げており、ユニクロは同社のテナントにすぎない。だがビックは店の看板を替え「共同出店」という形を取ってまで、彼らの集客力に期待をかける。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「ビックロ」が映す家電不況」の著者

中川 雅之

中川 雅之(なかがわ・まさゆき)

日本経済新聞記者

2006年日本経済新聞社に入社。「消費産業部」で流通・サービス業の取材に携わる。12年から日経BPの日経ビジネス編集部に出向。15年4月から日本経済新聞企業報道部。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長