• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

本日投開票!自民党総裁選の見どころはここだ

次の首相を決める選挙は決選投票必至の激戦に

2012年9月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 5氏が争う自民党総裁選は9月26日午後1時から国会議員による投開票が行われ、第25代総裁を選出する。石破茂前政調会長(55)が地方票で大きくリードしているが、過半数の獲得は難しく、2位を競う安倍晋三元首相(58)か石原伸晃幹事長(55)との決選投票になる公算が大きい。事実上、次の首相候補を選ぶ総裁選。そのクライマックスの見どころをお伝えする。

 自民党総裁選は9月26日午後1時から東京・永田町の自民党本部で、国会議員による投開票と、地方の党員の投票結果が集計・公表され、第25代総裁を選出する。

 石破茂前政調会長(55)、安倍晋三元首相(58)、石原伸晃幹事長(55)、町村信孝元外相(67)、林芳正政調会長代理(51)の5人が立候補し、選挙戦を繰り広げてきた。各種世論調査で次期衆院選での自民党の政権奪還が有力視される中、事実上、「次の首相」を選ぶ場となったため、野田佳彦首相が圧勝した民主党代表選と比べ、世間の注目度は圧倒的に高まっている。

 まず、自民党総裁選の仕組みをおさらいしたい。党所属国会議員198人に1票ずつ、47都道府県連には300票を配分し、計498票で争う。

 投票資格を持つ党員数は全国で約79万人。地方の持ち票は、まず各都道府県に3票の基礎票を与え、残りの159票を党員数に応じて比例配分して決まる。最も多いのは東京の16票、少ないのは岩手や徳島など8県の4票。これらの持ち票は、各候補が獲得した党員票に基づくドント方式で比例配分する。

 1回目の投票で1位の候補が過半数を獲得すればその候補が新総裁に決まる。いずれの候補も半数以下の場合は、国会議員だけで上位2人による決選投票を実施する。

国会議員の人数が減り、重み増した地方票

 与党時代と勝手が違うのが、国会議員の数が減った分、地方票の重みが増した点だ。例えば、安倍氏が総裁になった2006年時点では、議員票と地方票の割合は6対4。それが今回は、4対6となっている。

 しかも、派閥を仕切るベテラン議員の影響力が一層弱まる中、「地元議員や業界団体が派閥からの要請を受けて動くかといえば、そう簡単ではない」(自民中堅議員)との指摘が多い。地方票を左右するのは「テレビ映りも含めた選挙の顔としての評価」との見方が広がっている。

コメント11

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「本日投開票!自民党総裁選の見どころはここだ」の著者

安藤 毅

安藤 毅(あんどう・たけし)

日経ビジネス編集委員

日本経済新聞社で経済部、政治部などを経て2010年4月から日経ビジネス記者。2012年4月から現職。政治、経済政策を中心に執筆している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授