• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

記者が訪ね歩いた反日暴動、憎悪と恐れの傷跡

中国・青島、反日デモ被害状況ルポルタージュ

  • 反日デモ取材班

バックナンバー

2012年9月27日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 あまりの長さに、対岸は霞んでまるで見えない。膠州湾に架けられた全長40kmを超える世界最長の海上橋「青島膠州湾大橋」は、青島(チンダオ)の市街地と新興開発区の黄島(ホワンダオ)を結んでいる。制限速度一杯の時速80kmで走っても渡り切るのに30分以上かかるという長大な橋は、昨年夏に開通したばかりでアスファルトも真新しい。

全長40kmを超える青島膠州湾大橋。対岸はまるで見えない

 多くのニュースが「青島のジャスコやパナソニックが被害を受けた」と報じている。だが、反日デモが暴徒と化したのは青島市の中の黄島エリア(青島市黄島区)のみ。青島市の中心市街地、いわゆる青島では暴動はほとんど起きなかったようだ。空港に着いた筆者は、「青島」側から、反日デモが激しかった「黄島」側へとクルマで渡った。中国の国力を示すようなこの長大な橋で隔てられた「こちら側」と「あちら側」で、どれだけ空気が異なるかを知りたかった。

*   *   *

 まず訪れたのが、自動車販売店が軒を連ねる江山中路。被害を受けたことが大々的に報じられたホンダ系列の販売店は、すでに四方を覆いに囲まれていた。覗き込むと、窓ガラスはほぼすべて割られ、建物の中は鉄骨がねじ曲がり、焼け焦げたものが四散している。裏の団地に住んでいると思しき中年男性に様子を聞くと「誰もいないよ。修理し始めているかどうかは知らないね」。

覆いに囲われて破壊された店舗は隠されていた
覆いの向こうを覗き込むと、壮絶な破壊と炎上の痕跡が見えた

コメント32件コメント/レビュー

現場に入りながら多くの考察は筆者の推測の域を出ない。現場に入ったのであれば何らかの形で加害者・被害者双方の声に耳を傾けるのがジャーナリズムの基本ではなかろうか。一瞬で温度が下がり急速に修復される貴重な現場に入りながら貧しい報告しか出来ないのは非常に残念である。(2012/10/02)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

現場に入りながら多くの考察は筆者の推測の域を出ない。現場に入ったのであれば何らかの形で加害者・被害者双方の声に耳を傾けるのがジャーナリズムの基本ではなかろうか。一瞬で温度が下がり急速に修復される貴重な現場に入りながら貧しい報告しか出来ないのは非常に残念である。(2012/10/02)

周辺国と揉めることがあるのはどの国も同じ。近攻遠交を頭において企業や個人はどうするのかを考えないと痛い目にあう。それを考えずに動くから平和ボケしているといわれる。まして反日教育を行っている国に何を期待していってたのか。もちろん仕事なのだからあくまでもそのつもりでドライにいけばいい。そこに「いつか恩返ししてくれるだろう」とかの日本人ならではのウィットを持ち込むから、「中国はおかしい国だ」って意見になるんだよ。あくまでもドライに物事を進めればいい。たとえ破壊される恐れがあっても進む方がメリットになるなら行けばいいさ。(2012/09/30)

今回の暴動を忘れないためにも、今後も繰り返されるであろう暴動に対する備えを忘れないためにも、破壊された建物などの一部を、後世に残すため保存すべきだと思う。(2012/09/28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授