• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「研究者を“憧れの職業”に」、ノーベル賞山中伸弥・京都大学教授

2011年秋のインタビューで語った研究への思い

2012年10月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2012年のノーベル生理学・医学賞の受賞が決まった山中教授。再生医療の切り札「iPS細胞」を発見し、日本で最もノーベル賞に近い研究者と言われ続けてきた末の快挙だ。2011年秋の山中教授へのインタビューでは、研究への取り組みと、後進の科学者を育てるためには何が必要かを語った。

日本は科学技術立国として輝き続けることができるでしょうか。

山中:日本人の技術者は、間違いなく世界一です。器用さ、勤勉さ、創意工夫、チームで取り組む力など、研究者として重要な素養を備えている。現在は米国にも研究室を構えているのですが、日本人は素晴らしいと痛感しています。

 日本が生きていく大きな道の1つは科学技術立国だと考えています。研究者や技術者はみな、科学技術立国たる日本を背負っているのだと自負しています。若くて柔軟な人が次々と研究に従事するようになれば、もっと伸びていくでしょう。

 ただ、理系離れは深刻です。日本では研究者の地位があまりに低い。若い人たちに研究者が魅力的な仕事に見えていません。このままでは担い手がいなくなってしまうと懸念しています。

 私は、大学卒業後、臨床医を経て、研究者になりました。両方の立場を知っているのですが、日本では間違いなく医師の方が社会的地位が高い。これは冗談ですけど、ローンを組むなら「職業は医師」と書きたくなってしまうほどなんですよ。

山中 伸弥(やまなか・しんや)氏
1962年大阪府生まれ。50歳。87年神戸大学医学部卒業。93年3月大阪市立大学大学院博士課程修了。米グラッドストーン研究所を経て、奈良先端科学技術大学院大学教授、京都大学教授を歴任。2010年4月から現職。2006年に世界で初めて、マウスの胚性繊維芽細胞に4つの遺伝子を導入することで「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」を作り出した。(写真:宮原一郎)

大学で得られた知見が、続々とベンチャー企業などで実用化されている米国ではどうなのですか。

山中:米国は日本の逆です。医師よりも研究者の方が社会的地位が高い。ハードワークなのは日米同じですが、ちゃんとした家に住んで、ホームパーティーを開いて、楽しく暮らしている人が多い。給料そのものも高く、ベンチャー企業とのつながりも強い。

 ですから、米国では研究者が憧れの職業なのです。「私も一生懸命研究して、あんな先生になりたい」と子供が思い描いている。子供は憧れから将来の夢を見ます。

 残念ながら、日本にそういうロールモデルはいません。毛利衛さんが宇宙飛行士として活躍していた当時は、研究者になりたいという子供が一時的に増えたこともあります。でも、研究者というと、毎日研究室にこもって、家族も顧みず、稼ぎもよくないというイメージが定着している。これでは、理系離れが止まるはずがありません。

コメント5件コメント/レビュー

最初のコメントの方に同意で、研究者より、医師で腕を磨く方が多く稼げます。外国で臓器移植を受けるにあたって、1億円クラスの募金を募るのを新聞でよく見ますが、医師、特に外科医は、場数を踏めば腕の良い人はイチロークラスのプレイヤーになれます。日本ならば、天皇陛下の心臓を手術した天野医師がそれに当たるでしょう。 でも、不幸か幸いか、山中教授は大学卒業後の整形外科医としては三流だった。医師として挫折して、そこからiPS細胞への道が始まったというのが巡り合わせという他はありません。つまり「大学卒業時の学位」と、その後社会人として成功することは、あまり関連が無いということです。今のWINDOWSを作ったカトラー氏も大学卒業時の学位は化学専攻でした(デュポンに入社後、コンピュータを学び始めた)。(2012/10/09)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「研究者を“憧れの職業”に」、ノーベル賞山中伸弥・京都大学教授」の著者

山川 龍雄

山川 龍雄(やまかわ・たつお)

日経ビジネス編集委員

「日経ビジネス」で自動車、商社業界などを担当後、2004年から4年間、ニューヨーク支局長。日経新聞出向を経て、東日本大震災直後から2014年3月まで同誌編集長。同年4月から現職。企業トップへの取材を通して、企業経営への提言を続けている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最初のコメントの方に同意で、研究者より、医師で腕を磨く方が多く稼げます。外国で臓器移植を受けるにあたって、1億円クラスの募金を募るのを新聞でよく見ますが、医師、特に外科医は、場数を踏めば腕の良い人はイチロークラスのプレイヤーになれます。日本ならば、天皇陛下の心臓を手術した天野医師がそれに当たるでしょう。 でも、不幸か幸いか、山中教授は大学卒業後の整形外科医としては三流だった。医師として挫折して、そこからiPS細胞への道が始まったというのが巡り合わせという他はありません。つまり「大学卒業時の学位」と、その後社会人として成功することは、あまり関連が無いということです。今のWINDOWSを作ったカトラー氏も大学卒業時の学位は化学専攻でした(デュポンに入社後、コンピュータを学び始めた)。(2012/10/09)

今回の山中先生の受賞には心よりお祝い申し上げたいと思います。ただ、その一方で、共同研究者の高橋先生が受賞できなかったことは非常に残念です。マスコミ各社は当初より山中先生ばかりを持ち上げてきました。確かに、アイコンは一つである方が一般人には分かりやすいでしょうから、これまで多くの報道が高橋先生の存在をなんとなく無視してきたのも無理からぬところはあるでしょう。また、曲がりなりにも「上司」と「部下」の関係にある以上、保守的な日本の価値観では「部下の業績は上司の業績」とみなす考え方が根底にあり、彼らの貢献度を対等とみなす評価はそもそも報道の受け手である一般人にも受け入れがたいのかもしれません。しかし、本当に「研究者を“憧れの職業”に」するべきだというのならば、すでに数年前からノーベル賞の受賞が確実視されていた山中先生だけでなく、その下で当初から多くの重要なデータを出し続けていた高橋先生にも、マスコミはもっと以前から脚光を当てておくべきだったと思います。せめてこれからでも、高橋先生の仕事が改めて注目され、現役および未来の研究者の一層の励みとなることを望みます。  R(2012/10/09)

結果を見て賛美するのは簡単だ。山中教授のように苦節し地道な努力を続ける研究者は数多いるはず。しかし、オリジナルであればあるほど、世間からは見向きもされないだろう。また、多くは可能性を秘めたままうずもれてしまうのだろう。ならば、マスコミが光を当てるという仕事も重要だ。結果をセンセーショナルに報道したところで、誰も報われない。あなたの報道などより、ノーベル賞の方がよほど栄光ある事実だから。地道な努力に光をあてる。そして、研究者を励ます。マスゴミの仕事のひとつと思うが。やらないだろうな、面倒な仕事は。自分で探さなきゃいけないもの。面倒だよね。人の騒ぎに相乗りするほうが簡単。この記事の教授の指針と間逆。。。。か。。??(2012/10/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員