• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

【速報】米アップル、7.9インチの「iPad mini」を発表

タブレット端末、価格競争が激化

  • 原 隆,白石 武志,中川 雅之

バックナンバー

2012年10月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルは米国時間の10月23日に開いた新製品発表会で、タブレット端末「iPad」の小型機種「iPad mini」を11月2日に発売すると発表した。従来機種では9.7インチだった画面サイズを携帯に便利とされる7.9インチに一回り小さくしたほか、最も安いモデルの価格を329ドル(日本では2万8800円)に抑えた。品揃えの拡充によってより幅広い顧客層を取り込むとともに、タブレット市場での優位性を確実なものにする考えだ。

米アップルが発表した「iPad mini」

 7インチのタブレット端末を巡っては、米グーグルの「Nexus 7」や、米アマゾン・ドット・コムの「Kindle Fire HD」などが低価格を武器に市場で急伸している。過去にアップルの創業者である故スティーブ・ジョブズ氏は7インチのタブレット端末について批判的な発言をしていたが、ライバルの台頭を受け、商品戦略を転換した。

 今回発表されたiPad miniには無線LAN経由でインターネットに接続する「Wi-Fiモデル」と、携帯電話のデータ通信機能も搭載した「Wi-Fi + Cellularモデル」の2タイプがあり、Cellularモデルは世界各地で普及が本格化している高速無線通信規格「LTE」に対応した。日本ではソフトバンクモバイルとKDDI(au)のLTEサービスが利用できると見られる。

 CPU(中央演算処理装置)には、最新のiPadで搭載するものより一世代古い「デュアルコアA5チップ」を採用、高精細の「Retinaディスプレイ」の搭載を見送るなど、性能よりもコストを意識した仕様となっている。本体色は白と黒の2色展開で、記憶容量は16、32、64ギガバイトの3タイプを用意した。

 アップルは23日の新製品発表会でiPad miniのほかにも、第4世代となる新型iPadや13インチのRetinaディスプレイを搭載するノートパソコン「Mac Book Pro」、本体のふちの厚さが5ミリという薄型のデスクトップパソコン「iMac」などを発表した。今年の年末商戦では米マイクロソフトが最新OS(基本ソフト)「Windows 8」の投入を予定しており、アップルは既存の主力商品についても大幅に刷新することでライバルに対抗する構えだ。

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長