• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

【速報】アマゾン、キンドルついに日本で開始

2012年10月24日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アマゾン・ドット・コムは2012年10月24日、日本市場で電子書籍端末「Kindle(キンドル)」を発売すると発表した。アマゾンが発売する端末はイーインクを採用した電子書籍専用端末「Kindle Paperwhite」、電子書籍に加えてアプリやゲーム、音楽なども楽しめるタブレット端末「Kindle Fire」の2種類。同日より予約受付を開始した。

 10月25日には、電子書籍販売ストア「Kindleストア」もオープン。角川グループパブリッシング、幻冬舎、講談社、小学館、新潮社、文藝春秋などの出版社が参画し、日本語の書籍で5万を超すタイトルを販売する。英語の書籍など海外書籍を含めると140万タイトルに及ぶ。日本ではソニー、楽天が電子書籍市場で覇権争いを展開しているが、本命であるアマゾンの参入で業界図は様変わりしそうだ。

 アマゾンが投入する「Kindle Paperwhite(キンドルペーパーホワイト)」はバックライト付きの電子書籍専用端末。暗い場所でも読める点が受け、米国では品不足が起きている。日本で投入するモデルは2種類で、Wi-Fi専用モデルは8480円、NTTドコモの3G回線を無料で利用できるWi-Fi+3Gモデルは1万2980円で販売する。出荷日は11月19日を予定している。

 タブレット端末「Kindle Fire」は大きく2種類のモデルを投入する。Kindle Fire、および高精細ディスプレイを搭載したKindle Fire HDだ。いずれも7インチモデルで、価格はKindle Fireは1万2800円、Kindle Fire HDは16GBモデルが1万5800円、32GBモデルは1万9800円となっている。

 今回、日本で登場するのはいずれも9月6日にアマゾンが米ロサンゼルスで発表した新製品だが、米国で発表した8.9インチモデルの投入は見送る。米アマゾンのKindleデバイス事業部バイスプレジデントのデーヴ・リンプ氏は「米国でも(8.9インチモデルは)まだ出荷していない。原則として米国で販売するものは日本でも今後販売していく」としており、近いうちに市場に投入する可能性が高い。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「【速報】アマゾン、キンドルついに日本で開始」の著者

原 隆

原 隆(はら・たかし)

日経コンピュータ記者

宮崎県出身。お酒が好きです。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長