• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

Windows 8、タブレット次第

2012年10月29日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

パソコン各社が「Windows 8」搭載タブレットを相次いで発表。マイクロソフトにパスされた携帯電話とは好対照だ。米アップルを蹴散らし、パソコン各社の救世主となれるのか。

 「これまでにないほどの大型投資でマーケティング活動を展開し、全社を挙げて市場を爆発させる。日本全体の年末商戦を活性化させたい」

日本MSの樋口泰行社長(右から2人目)は「8」普及に尽力

 日本マイクロソフト(MS)の樋口泰行社長はこう意気込み、普及を狙うのが新OS(基本ソフト)の「Windows 8」だ。10月26日の発売に先立ち、日本ヒューレット・パッカード(HP)、レノボ・ジャパン、富士通、NECが開催したパソコン新製品の発表会をはしごした樋口社長は、いつにも増して強い口調で、Windows 8を売り込んだ。

 Windows 8の最大の特徴はタッチ操作に対応し、PC(パソコン)としてもタブレットとしても使える点。超薄型ノートPCの「ウルトラブック」やデスクトップ、キーボードが着脱可能でタブレットとしても利用できるハイブリッド型ノートPC、そしてタブレットまで、メーカー各社が投入する新機種も様々だ。

 だが、冷え込む国内PC市場を拡大させる起爆剤になるかどうかは未知数。調査会社のIDC Japanによると、日本のPC市場は、2012年の1兆6707億円から、2013年は1兆5183億円に縮小すると予測。同調査では台数ベースでも、2012年の約1630万台から2013年は約1620万台に減少すると見込む。

 パソコン各社も歯切れが悪い。「今期の(パソコン出荷台数目標)700万台よりは増やしたいが、まだ来期の販売目標は言えない」と富士通の大谷信雄・執行役員常務は慎重だ。HPやレノボ、NECも明言を避ける。

 「Windows 8に期待されているのはPCではなく、成長が見込めるタブレット」。IDC Japanの片山雅弘アナリストはこう指摘する。IDCの予測では、国内のタブレット市場は2012年が約415万台、2013年が約556万台に増える。MSも、海外市場では自ら独自タブレット「サーフェス」を販売するほどの力の入れようだ。

 仮にPCで苦戦したとしても、その穴を成長株のタブレットで埋めれば問題はない。だがタブレット市場には、先行する米アップルの「iPad」や米グーグルの「Nexus 7」といった強敵が既に存在する。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「Windows 8、タブレット次第」の著者

宇賀神 宰司

宇賀神 宰司(うがじん・さいじ)

日経ビジネス記者

日経クリック、日経ベンチャー(現・トップリーダー編集などを経て、2007年1月から日経ビジネス編集記者。流通、中小ベンチャー、マネジメント、IT(情報技術)を担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人は何か自信を持って誇れるものを持っているはずです。

為末 大 元プロ陸上選手