• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

MSもそっぽ 日の丸携帯の危機

2012年10月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米マイクロソフト(MS)が最新OSを搭載したスマートフォンの日本投入を見送った。海外大手に比べ販売量が2ケタ劣る国内メーカーは「存在意義」を否定された格好だ。進むに進めず、退くに退けない日本勢の凋落ぶりは最終段階を迎えている。

 「その販売計画値でノキアやサムスンと同じタイミングで発売させてほしいと言っても無理です」――。

 ある国内携帯電話メーカーの幹部は今夏、米マイクロソフト(MS)側からこんな通告を受けたという。「いい製品を作る自信はあるのだが、確かにノキアやサムスンと比べ、我々の1機種当たりの販売量はゼロが2つ違う」とこの幹部は肩を落とす。

 この冬にも登場すると期待されていたMSの携帯電話用OS(基本ソフト)「Windows Phone 8」。北米や欧州、中国ではフィンランドのノキア、韓国サムスン電子、台湾・宏達国際電子(HTC)などの有力メーカーから11月以降、搭載スマートフォン(高機能携帯電話)が順次発売される予定だが、日本では販売が先送りされることになった。

「費用対効果合わない」

 MSがWindows Phone 8を発表したのが今年6月。国内ではNTTドコモが今冬までの発売を表明し、KDDIも昨年8月に、1世代前のOS「Windows Phone 7.5」を搭載したスマホの販売実績があることから、発売が有力視されていた。

 だが両社の冬の新製品発表会にWindows Phone 8搭載機の姿はなかった。ドコモの加藤薫社長は、10月11日の新製品発表会で「山田(隆持・前社長)が『冬には出す』と申し上げたが、いろいろな事情によって、少し遅れる。Windows Phone 8はパソコンやタブレット向けOSのWindows 8とも親和性があり魅力がある。これからも検討を続ける」と話した。

 MSの論理は明快だ。ある関係者は「米グーグルのアンドロイドは無償OSだからいくらでも使わせることができるが、Windows Phone 8は端末1台ごとにライセンス料をもらう。お金をもらっている以上は十分なサポートをしなければならないし、技術のすり合わせも入念にしなければならない。販売ロットの少ない日本メーカーへの納入は費用対効果の面で折り合わない」と指摘する。

 シャープ、富士通、NEC、パナソニック、ソニー、京セラ――。日本の携帯電話メーカーの世界シェアは2007年に14.2%を確保していたが、米アップルのiPhoneやグーグルのアンドロイドOSを採用した海外製スマホに押され、直近の世界シェアはわずか1.9%にまで落ち込んだ。

コメント6件コメント/レビュー

薄型テレビを筆頭とした家電製品や携帯電話の世界市場における日本メーカーのプレゼンスや競争力の低下が問題視されて危惧を呼んでいますが、これらの分野では、たとえ超ヒット商品で市場を席巻したとしても、その優位性と利益率のメリットを享受できる期間がどんどん短くなっていると思います。アップルだってサムソンだって5年、10年後がどうなっているかわかりません。日本の産業界の技術、知恵、研究開発能力を、商品(もの)ではなくてエネルギー開発、食料増産、国土安全対策(別に防衛に限らず、例えば着実な地震対策なども)にもっと集結したらどうでしょう。近代以降決して日本が望み得なかったエネルギーの自給がもし実現できれば、その上で国民全員が食べられて、国土を守れれば、国として自立できるし、そうしたら「世界市場が云々」と一喜一憂しなくとも、日本人が好きで使いたい徹頭徹尾ガラパゴスな製品をふんだんに作って、自分たちで使って、結構満ち足りた生活が営めるように思います。勝ち残らなくても生き残るにはなんといってもまずエネルギー、つまりは「電気」というのが、超ど素人の私の意見です。(2012/10/31)

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「MSもそっぽ 日の丸携帯の危機」の著者

小板橋太郎

小板橋太郎(こいたばし・たろう)

前日経ビジネス編集委員兼副編集長

1991年立教大学文学部史学科卒、日本経済新聞社入社。整理部、社会部、産業部などを経て2011年から日経ビジネス編集委員。現在は日本経済新聞社企画報道部デスク

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

白石 武志

白石 武志(しらいし・たけし)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社編集局産業部(機械グループ)、京都支社、産業部(通信グループ、経営グループ)を経て、2011年から日経ビジネス編集部。現在は通信、半導体、家電業界などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

薄型テレビを筆頭とした家電製品や携帯電話の世界市場における日本メーカーのプレゼンスや競争力の低下が問題視されて危惧を呼んでいますが、これらの分野では、たとえ超ヒット商品で市場を席巻したとしても、その優位性と利益率のメリットを享受できる期間がどんどん短くなっていると思います。アップルだってサムソンだって5年、10年後がどうなっているかわかりません。日本の産業界の技術、知恵、研究開発能力を、商品(もの)ではなくてエネルギー開発、食料増産、国土安全対策(別に防衛に限らず、例えば着実な地震対策なども)にもっと集結したらどうでしょう。近代以降決して日本が望み得なかったエネルギーの自給がもし実現できれば、その上で国民全員が食べられて、国土を守れれば、国として自立できるし、そうしたら「世界市場が云々」と一喜一憂しなくとも、日本人が好きで使いたい徹頭徹尾ガラパゴスな製品をふんだんに作って、自分たちで使って、結構満ち足りた生活が営めるように思います。勝ち残らなくても生き残るにはなんといってもまずエネルギー、つまりは「電気」というのが、超ど素人の私の意見です。(2012/10/31)

日本の携帯ユーザーが日本語を使い続ける限り、この事態は解決のし様がありません。そのうちマイクロソフトもアップルもOSの日本語版開発を放棄し、「英語版を使え」と通告してくるかも知れませんね。(2012/10/31)

携帯電話メーカーは日本の通信会社と一体化していましたからね。仕方ないです。こうなったのは行政のせいでもあると思いますよ。今もそうですが、携帯電話は全て通信会社からしか買うことができなかったのですから。(2012/10/31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授