• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

石原 慎太郎 前東京都知事の告白 「中央官僚支配を壊す」

2012年11月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

東京都知事を4期目の途中で突如、辞任。新党を立ち上げて国政復帰を狙う。都政で感じた国への不満を解消すべく、80歳が立ち上がる。尖閣問題の引き金を引いた老政治家は次の衆院選で、台風の目となるのか。

 10月末、石原慎太郎氏は約14年間務めた東京都知事の職を辞した。80歳にして新党を立ち上げ、国政を目指す理由は何か。石原氏の真意を読み解く。(10月25日の辞任会見を基に構成)

 このたび、最後のご奉公をしようと思い東京都知事を辞任すると決めました。私は14年、正確には13年と8カ月にわたり都知事を務めてきました。ほかの県と違い、東京の問題は日本全体の問題です。(国政復帰は)東京のためだけではなく、日本のためになります。

 (都知事時代は)国の妨害に遭って苦しい思いをしてきました。新党を作ってやろうとしていることはすべて、都知事としてやってきたことの延長です。

 現在の中国共産党で国父とされている毛沢東が書いたものに「実践論・矛盾論」があります。私は学生時代にそれを手にしました。矛盾を解決するには、背後にあるもっと大きな問題を解決しなければならないという話です。私は共産主義は嫌いですが、(この言葉は)まさにその通り。

 国政で解決したい大きな矛盾がいくつかあります。最たるものが、占領軍が日本に与えた日本国憲法。絶対平和という日本人独特のパシフィズム(平和主義)を植えつけ、権利と義務のインバランス(不均衡)が我欲を培い、国民全体がセルフィッシュ(利己的)になった。それに政治が迎合せざるを得ない今日の状況を作ったのです。

憲法問題に続いて熱弁を振るったのは、国の財政問題。財政再建に向けて官僚支配の変革を訴える。

 日本の財政はピンチと言いますが、余力はある。だが、それを引き出せていないし、使えていません。中央官僚はそれを把握しながら、隠しています。国の財政にはバランスシートがありません。これで健全にできるわけがない。都は複式簿記で合理化し、財政再建の道筋を作りました。会計方式を世界基準に変えればいいのです。

コメント4

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「石原 慎太郎 前東京都知事の告白 「中央官僚支配を壊す」」の著者

白壁 達久

白壁 達久(しらかべ・たつひさ)

日経ビジネス記者

2002年関西大学経済学部卒業後、日経BP社に入社。日経ビジネス、日経ビジネスアソシエを経て、2015年から香港支局長としてアジア全体をカバーする。2016年8月から日経ビジネス記者に。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

社長に就任してずっと言っているのが ファンダメンタルズの強化。

安形 哲夫 ジェイテクト社長