• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

細谷りそな会長の「遺言」(上)

過去のしがらみは一気に整理

2012年11月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 りそなホールディングスの細谷英二会長が4日、東京都内の自宅で病気のため死去した。一時3兆円超の公的資金を投入されたりそな再建の過程について、9月に弊誌「経営教室」で詳しく掲載した矢先だった。

 7月末と8月上旬に行った合計5時間近いインタビューが、残念ながらメディアとの事実上最後の銀行経営に関する会見になった。当時の発言を振り返り、細谷会長の「遺言」を2回に渡って紹介する。初回は、日本の電機メーカーが軒並み巨額赤字に苦しむ中で、企業再生は「過去のしがらみは一気に整理」という普遍的なメッセージ。

りそな会長就任秘話

 2003年に経済同友会の牛尾治朗元代表幹事から、自宅に緊急で電話が欲しいと言われました。嫌な予感はしたんです。たぶん私は、そのとき産業再生機構の鉄道会社の一部がいろいろ言われていたので、何かそれを手伝ってくれという話かなと思っていたんですけど。

 翌朝、ホテルオークラで朝食を一緒に食べました。ホテルで食事をしながら、(りそな会長就任を)言われて、食事をしながらですから、ノーですとは言えないというか。

細谷英二(ほそや・えいじ)氏
1945年熊本県生まれ。68年東京大学法学部卒、旧日本国有鉄道入社。87年の国鉄分割・民営化作業に関わった後、東日本旅客鉄道に入り、2000年副社長。2003年から、りそなホールディングス会長に転じた。弊誌9月3日、10日、17日、24日号で、「経営教室」を連載。今月4日、病気のため死去した。(写真:丸毛 透)

 牛尾さんは、私が若いころから「細谷、今の社長と年が近過ぎるので、JR東日本で社長になれないかもしれない」と言っていました。あの人らしいというか。それで年に1回くらいウシオ電機に呼ばれて、最近の状況とか、同友会の副代表幹事の品定めみたいなのをやらされたりしていました。

 東京駅の再開発計画がまとまりかけていたので、もうお前がいなくてもJRは誰がやってもやれるよなとか、天上がりをしないか、と。役人のポストに民間から人を出したいという意向を個人的に持っておられたんでしょうね。

 だから、もうとにかく私の身の振り方に対してすごく関心を持っておられて、そういうこともあって、食事をしながら話をされたので、断るわけにはなかなかいかないので、じゃあ、1日だけ考えさせてください、と言って別れました。

 その日のうちに銀行界で私の親しい人も何人か残っていたので、ちょっと会いに行って、ここだけの話だけどという相談で意見を持っていったんですけど、みんながみんなで、それはもう無謀な決断ですよと。

 誰がやっても成功しないし、まず何と言っても、りそなの内部が不透明なので、どんなリスクが転がっているか分かりませんよと。それはもうどんなことがあっても断った方がいいですよ、というのが皆さんの考えで、(前日銀総裁の)福井俊彦さんに相談しようかなと思っているうちにも、何か福井さんにも根回しがいっていたみたいで。

 結局、(当時の金融相である)竹中平蔵さんや高木元金融庁長官に会う羽目になって、牛尾さんにここまで言われて引き受けないというのもあれだなということで、牛尾さんから、「うまくいかないリスクがあるかもしれないけど、3年間は我慢して頑張ってくれや」という最後的な話がありました。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「細谷りそな会長の「遺言」(上)」の著者

馬場 燃

馬場 燃(ばば・もゆる)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社の経済部などを経て、2012年4月から日経ビジネス記者。電機・IT業界を担当している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

開発スピードは速くもなんともない。何が速いかと言えば、ジャッジですよ。

大山 健太郎 アイリスオーヤマ社長