• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

西友不正が問う薬の販売資格

  • 飯山 辰之介

バックナンバー

2012年11月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

西友で、登録販売者の受験資格を巡る大規模な不正が発覚。「組織ぐるみでない」という主張を疑問視する関係者は多い。制度の施行から4年。その意義が問われている。

 米ウォルマート・ストアーズ傘下の大手スーパー西友で、薬の登録販売者試験の受験資格を巡る大規模な不正が発覚した。同社は11月6日、薬の登録販売者に合格した従業員200人について、同試験の受験に必要な実務経験を満たしていないにもかかわらず、「実務経験証明書」を発行していたと発表した。

 登録販売者はリスクが比較的低いとされる第2類、第3類の一般用医薬品(大衆薬)を販売できる資格。受験するには1年間の実務経験を積んだうえ、店舗の開設者及び店舗などの管理者に実務経験証明書を発行してもらわなければならない。

 西友の金山亮・執行役員は会見で、「社内のチェック体制の不備が最大の原因。組織ぐるみで(不正を)やっていたということはない」と強調した。しかし、西友側の「組織ぐるみではない」という言葉を額面通りに受け止める関係者は少ない。

 「実務経験を承認をするのはあくまで会社。分からなかったはずがない」。西友の薬売り場で働く、ある登録販売者はこう話す。

ドラッグストアを意識した店内広告

 あるドラッグストアの店舗開発担当者は「西友が薬の売り場を増やしていたのは、業界で有名だった」と言う。実際、金山執行役員も「薬が重要な取扱品目だったのは事実だ」と認める。

 薬は一般的に生鮮食品などと比べて粗利益が高く、消費者の高齢化や健康志向の高まりによって、売り上げ増も見込める。デフレ環境下で価格競争に明け暮れるスーパーにとっては、何としても拡大したいカテゴリーの1つだ。

 だが、薬を売れる登録販売者はドラッグストアや薬局、コンビニエンスストアなどでもニーズがあり「人材は不足気味」(人材紹介サービス会社)。

 大量の人材を自社養成するのも簡単ではない。制度の開始以来、約11万人の登録販売者が誕生しているが、その多くはドラッグストアで働く。ここでは必然的に大衆薬の販売に携わることになるので、実務経験を積むのが容易だからだ。一方、スーパーの売り場は多岐にわたる。実務経験を積ませようにも、大衆薬の販売ばかりに従業員を割けないのが実情だ。

コメント3

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック