• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「昭和の喫茶店」は復権するか

2012年12月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

キーコーヒーが喫茶店「銀座ルノアール」と提携する。狙いは卸売事業の安定化と郊外型の新規業態の開発。セルフ型カフェが盛況の中、「昭和の喫茶店」に勝算はあるか。

 キーコーヒーと喫茶店チェーンの銀座ルノアール(東京都中野区)が資本・業務提携することで合意した。キーコーヒーは2013年1月にも、ルノアールの筆頭株主である花見煎餅(東京都中野区)の全株式を取得、ルノアールの発行済み株式数の約21%を間接保有することになる。

キーコーヒーは「銀座ルノアール」提携でフルサービス型喫茶店の復権を狙う(写真:古立 康三)

 キーコーヒーは以前から、ルノアールの各店舗にコーヒー豆のほか砂糖、紙ナプキンといった喫茶商材を卸していた。今回の提携で、今後はルノアールの商品開発や出店戦略の面でも協力する。キーコーヒーと取引がある全国の個人喫茶店などには、ルノアールのノウハウをフィードバックする。

 キーコーヒーは2012年3月に、洋菓子の販売や喫茶事業を営むアマンド(東京都港区)の飲食・物販事業を買収している。相次いで喫茶チェーン店を傘下に収める背景には、喫茶市場における個人経営店の弱体化がある。

 現在、キーコーヒーが手がける業務用の卸売事業は同社の売上高の4割を占める。だが、卸し先である個人経営の喫茶店の数は年々、減少傾向にある。

 他方、勢力を増すのが「スターバックスコーヒー」など、レジカウンターで支払いを済ませて飲み物を受け取るセルフサービス型のコーヒーチェーンだ。これらチェーン店の多くはコーヒー豆の調達から焙煎、販売までを自社で賄う。ここに卸売業者の入り込む余地はない。

 キーコーヒーは関東近郊を中心に店舗を構えるルノアールを傘下に収めることで、卸売事業の安定化を狙う。

 キーコーヒーがルノアールとの提携に込めるもう1つの狙いは「昭和型喫茶店の復権」だ。同社は、ルノアールの既存店が位置する都市部はもちろん、住宅街やロードサイドにも照準を当て、セルフ型のカフェとは一線を画した喫茶店需要の掘り起こしを急ぐ。

 今後の試金石となりそうなのが、ルノアールが現在、埼玉県朝霞市で開発を進めている新業態店「ミヤマ珈琲」だ。12月下旬にオープン予定のこの店舗のイメージは、まさに「昭和の喫茶店」だ。

コメント2

「時事深層」のバックナンバー

一覧

「「昭和の喫茶店」は復権するか」の著者

瀬戸 久美子

瀬戸 久美子(せと・くみこ)

日経WOMAN編集部

旧・日経ホーム出版社(現日経BP社)に入社後、日経WOMAN、日経TRENDY、日経ビジネス編集を経て2013年4月より現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

韓国がダメでも、日本なら技術を見る「目」が投資家にあるはずだ。

崔 元根 ダブル・スコープ社長