• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

笹子トンネル事故で浮き彫りになった大量老朽化にどう対処する?

インフラ劣化先進国の欧米の対応に学ぶべき点

2012年12月21日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 2012年12月2日、中央自動車道の笹子(ささご)トンネルで起きた天井板崩落事故は、高度経済成長期に造られた多くの構造物が、建設から30年以上経った現在、一斉に老朽化しようとしていることに改めて警鐘を鳴らすものとなった。

 欧米の先進国は、日本より一足先にこうしたインフラの老朽化に直面している。しかし、どの国も財政難であることには変わりなく、維持管理や補修に予算を割きたくても割けない事情は日本と同じ。では、どのような施策を講じて、この社会的課題を乗り越えようとしているのか。欧米の動向に詳しい、建設コンサルタントの中村裕司氏に聞いた。

(聞き手は中野目 純一)

笹子トンネルの崩落事故で、高度成長期に造られたインフラの老朽化が改めてクローズアップされました。きちんと打音検査をやっていなかったという話もあります。技術的な原因はさておき、こうした問題が起きる背景には、何があるのでしょうか。

中村 裕司(なかむら・ゆうじ)氏
1972年名古屋大学卒業、石川島播磨重工業入社。89年同社を退社し、建設コンサルタント会社のアイ・エス・エスを設立、代表取締役に就任。98年アイ・エス・エス創研を設立し代表取締役。2007年アイ・エス・エスアールズを設立し代表取締役。2010年アイ・エス・エス代表取締役を退任。現在はアイ・エス・エス グループのオーナー。技術士(建設部門)。主な著書に『建設技術者が危ない』(日刊建設通信新聞社)など。
(写真:陶山 勉、以下同)

中村:行政も建設業界も、インフラを新しく造ることばかりに目が向いて、既設のインフラの維持・補修は重視してきませんでした。損傷が激しくなった部分が見つかれば、その都度補修をするという、場当たり的な対応に終始してきたことは否めないでしょう。

 補修対象となるインフラが少ない時はそうした対応でも問題ありませんでしたが、今後、高度成長期に大量に建設された構造物が一気に老朽化するとなると、そのような一時しのぎの対策では立ちゆきません。

 しかし、先進国はどこも税収不足で、維持・補修に投じるお金がありません。そこで必要になるのが、いかに民間資金を取り入れるかという発想です。投資対効果を考えた、戦略的・効率的なマネジメントが求められるのです。

 実は、インフラへの民間資金の投入は、「老朽化先進国」である欧米では珍しいことではありません。

 英国では、1998年に労働党のトニー・ブレア政権が「総合交通政策白書」を発表し、大きな政策転換を実行しました。高速道路や国道などの新規建設をストップし、鉄道やバスなどの既存の公共交通を改善して輸送量を増やすことで、渋滞の解消と環境汚染の防止を目指したのです。

 この中で活用されたのが、「PPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ)」。つまり「官民連携」と呼ばれる手法でした。地下鉄や道路など、老朽化した既設インフラの維持管理と補修を民間企業に委ねることによって、民間のノウハウを活用しようというものです。

コメント6件コメント/レビュー

管理業務を分離して欧米がどうなったかの視点が不可欠だと思う。道路陥没しても何ヶ月もほったらかし、道路運営会社と管理会社の責任のなすりつけ合い、の状況を著者がご存知なのだろうか?もし、管理会社が別になってしまえば、3.11の震災で壊滅的ダメージを受けた高速道路が一週間で直ることなど無くなってしまい、欧米と同じように復旧に何年も掛かってしまうようになる。(2012/12/23)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「笹子トンネル事故で浮き彫りになった大量老朽化にどう対処する?」の著者

中野目 純一

中野目 純一(なかのめ・じゅんいち)

日経ビジネス副編集長

2012年4月から日経ビジネス副編集長。マネジメント分野を担当し、国内外の経営者、クリステンセン、ポーター、プラハラードら経営学の泰斗のインタビューを多数手がける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

管理業務を分離して欧米がどうなったかの視点が不可欠だと思う。道路陥没しても何ヶ月もほったらかし、道路運営会社と管理会社の責任のなすりつけ合い、の状況を著者がご存知なのだろうか?もし、管理会社が別になってしまえば、3.11の震災で壊滅的ダメージを受けた高速道路が一週間で直ることなど無くなってしまい、欧米と同じように復旧に何年も掛かってしまうようになる。(2012/12/23)

装置産業に勤めていた者として、笹子トンネル事故は起こるべくして起こった、と即時、感じました。 下方への垂直荷重に対して、ストッパーが無いのだから。「打音検査をしていれば」との見解も不正解だ。打音検査で何時まで健全性を保証するものか不明な為です。安全の鉄則は「設計時点で作り込め」が装置産業の常識で、土建屋(敢えて)はまだまだの感。 (2012/12/21)

マスメディアの哀しい習性で、事故・事件が起きるとバッとそちらに流れて行くのですね。老朽化による劣化は、トンネル、道路、橋梁などの交通インフラだけで起きるわけではないでしょう。大量の放射線を浴び続ける原子力発電所の施設が経年劣化しないわけはありません。点検をしているから安全というわけではないのです。ところが、原子力発電所に関しては、電力会社が「安全性を確認しています」というのを、そのまま報道ているのです。そのうち、どこかで事故が起きたら、また、同様にバッシング報道をしようと手ぐすねひいているのかも知れませんが。構造物の老朽化問題については、そのような観点からの考察も欲しかったところです。(2012/12/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長