• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

強烈な揺り戻しに負けた

敗軍の将、兵を語る 選挙スペシャル

  • 日経ビジネス

バックナンバー

2012年12月26日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

自民党の地滑り的大勝の中、民主党は若手から現役閣僚まで多くの議員が落選。3年余りの民主党政権の中で失ってしまった信頼を取り戻すことはできなかった。選挙戦の最中や結果が出た後の候補者たちの言葉をまとめた。

田中 眞紀子氏
[文部科学大臣]

父の地盤での敗北 政治のニーズ変化

 父・田中角栄元首相の強固な地盤を背景に、連続6回の当選を果たしてきた田中眞紀子・文部科学相。だが、今回の選挙では、自民党の長島忠美氏に小選挙区で敗れ、比例での復活もならなかった。

(写真:結束 武郎)

 皆さんどう思われるか分かりませんが、すごく立派な選挙をやったと思っています。有権者の人が窓から手を振ってくれるとか、トラックがクラクションを鳴らしてくれるとか。大雪の中、郡部でも窓を開けてくれたり、出てきてくれたり。今までの中で一番熱烈でしたね。集会もどんどん人が増えましたし、皆さん、政治参加の意識が高い。ありがたいことだと思います。

 本当に素晴らしい選挙で、民意を吸い上げるのはこういうことだとも思いました。いい選挙だったし、こう言うとおかしいけど、楽しかったというか、候補者冥利に尽きると感じました。いい仕事をしなくちゃと思いました。皆さん大変熱烈で、とても立派な選挙をさせていただくことができました。

 それでも、落選したのは私の努力不足です。

前回の勝利から逆風を予測

 今回は選挙戦が始まる前から、いえ前回、民主党に大きな風が吹いて勝った段階から、すごい揺り戻しがあると思っていました。よほど民主党がいい政治をしないと、次の選挙で逆のことが起こるだろう、と。それに小選挙区っていうのは、こういうふうに極端から極端にぶれるものです。だから苦戦するとも思っていましたし、こういう結果も予想できないでもなかったですからね。自民党が劣化している中で民主党に期待したのに、それが全然期待外れだった。リバウンドだったと思いますよ。アクションを起こしたらリアクションがあるものです。

 3年以上野党であった自民党は、国会の活動を見ても相当焦っておられたし、どこの選挙区でも、3年以上努力を続けて選挙に向けてやってこられていた。一方で民主党は、政権運営になかなか慣れませんでした。民主党は内閣が3代ありましたけれども、国民のニーズを吸い上げて、それを前に進めていく力を発揮できなかった。それは一議員としても、非常にもどかしく思っていました。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック