• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

誰が「○○男子」を増やし続けているのか?

マーケティングにも使える便利ワード

2013年1月8日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 筆者がネットで情報収集している時のこと。「2030年『貧困男子』が社会問題に!?」という記事が目に飛び込んできました。記事内容はともかくとして、筆者は「また○○男子の仲間が増えたのか」という感想を抱きました。

 試しに筆者がこれまでに把握している○○男子の数を数えてみたら、貧困男子を含めて316語もありました。もちろん筆者が見逃している言葉もあるでしょうから、実際にはこれ以上の○○男子が存在することになります。

 ○○男子という言葉が増え続けているのには幾つかの理由があると思われます。1つは、草食男子のように、男性文化の中に「従来とは異なる行動様式が登場していること」でしょう。もう1つは、メガネ男子のように「女性が萌えの対象として男性を語るようになったこと」です。

 ただ筆者は、○○男子の隆盛にもう1つ別の理由を感じ取っています。○○男子という表現が、新しい表現を造語する「情報発信者にとって便利だったから」という理由です。ここでいう情報発信者とは、すなわち新聞や雑誌などのメディア、企業のマーケティング関係者、ネット社会などのことです。こういった人々がこぞって新しい「○○男子」づくりに参加できる「間口の広さ」があったからこそ、ここまで関連語彙が増えたのではないかと思うのです。

 そこで今回の「社会を映し出すコトバたち」は、様々な○○男子を振り返りながら、誰がその表現を発信したのかを探ります。なお本稿で取り上げる○○男子は、グーグルでの検索結果が1万件以上のもの、普通名詞として流通しているものに限定します。

歴史(1)メガネ男子は「ネット社会」から登場

 まずは○○男子の歴史について振り返りましょう。筆者の認識では、○○男子を語る上で欠かせない言葉が4つあります。「メガネ男子」「草食男子」「弁当男子」「佐川男子」の4語です。

 メガネ男子は、後に続く○○男子の端緒となった言葉です。女性の立場から萌えの対象として、メガネをかけた男性をとらえる言葉でした。

 メガネ男子という表現を最初に発信したのは「ネット社会」でした。ミクシィのコミュニティー「メガネ男子愛好会」(2004年4月13日開設)で、メガネ男子に関する情報交換が行われたのが始まりです。

 そして2005年6月に、同コミュニティーでの情報交換をもとにした書籍「メガネ男子」(ハイブライト編集、アスペクト)が登場。ネガネ男子の概念が一般にも広まりました。翌2006年5月には、アスペクトが同様のコンセプトで「スーツ男子」を発行。○○男子の「応用可能性」を示しました。

 メガネ男子の発信者は「ネット社会」だったのです。

コメント0

「社会を映し出すコトバたち」のバックナンバー

一覧

「誰が「○○男子」を増やし続けているのか?」の著者

もり ひろし

もり ひろし(もり・ひろし)

新語ウォッチャー(フリーライター)

CSK総合研究所を経て、1998年から新語専門のフリーライターに。辞書・雑誌・新聞・ウェブサイトなどに原稿を提供中。2009年より『現代用語の基礎知識』(自由国民社)で「流行現象」のコーナーを担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

人々が働きたいという会社になるには 「働きやすさ」と「働きがい」、この2つが必要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長