• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

金持ちはどこにいる

全国民的に、貯金ゼロか、貯め込むか

2013年1月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ご相談

 金持ちと結婚する方法、教えてください。(20代女性)

 遙から

 クイズ。今、景気はいいでしょうか、どうでしょうか。

 新聞発表や政府発表ではなく肌で感じる景気だ。

上質素材の服はどこにいったのか

 昨年末、イベントで何人かのタレントたちとステージに並んだ。流行りのガールズファッションは多くがナイロン素材やポリエステル素材の安価な布でできている。

 舞台で衣装を見ると発見があった。テレビでは気づきにくいが、肉眼だと安価な布の服はそれが安価だとバレ、それを身にまとうタレントもまた、安価に映る、ということだ。

 安価な服で登場する安価なタレントは喋ることもまた、安価に聞こえ出した。

 深刻だ。他人事ではない。自分はどう映るかと出番までクラクラした。

 ユニクロに代表される安価が売りのブランドはあっていい。だが、バブル期を知る私としては、ステージ衣装に至るまで、いったいいつの間にこれほど世間は安価な服に満ち溢れ、上質素材の服がこの世から消えたのかと愕然とする。

 ここは一発、こんな時代だからこそ上質衣装で差別化をはかろうと年明け早々に、ジャケット1着ウン十万円もするイタリア高級ブランドのバーゲン初日に行った。

 くどいようだが、バブル期を知る私にとって高級ブランドバーゲン初日というのは、人混みの中いっそうの集中力が必要で、単価が高いぶん間違いは許されない緊張感がある。だが行って驚いた。

 客は私ひとり。服を買うとお茶とお菓子まで出た。

 「???」

「遙なるコンシェルジュ「男の悩み 女の嘆き」」のバックナンバー

一覧

「金持ちはどこにいる」の著者

遙 洋子

遙 洋子(はるか・ようこ)

タレント・エッセイスト

関西を中心にタレント活動を行う。東京大学大学院の上野千鶴子ゼミでフェミニズム・社会学を学び、『東大で上野千鶴子にケンカを学ぶ』を執筆。これを機に、女性の視点で社会を読み解く記事執筆、講演などを行う。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長