• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

アフリカのリスクを地図で見る。本当に危険な場所はどこ?

アルジェリア人質事件で現実となった “レッドゾーン”

2013年1月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 アルジェリアで起きた人質事件をきっかけに、日本企業にアフリカ戦略を見直す動きが広がるのではないかという見方がある。「アラブの春」の発生以降、アルカイダ系などのイスラム過激派の活動が北アフリカで活発化しており、日本を含む西側諸国の政府や企業、NGO(非政府組織)の関係者を狙ったテロや身代金目当ての誘拐のリスクが、一部で高まっているからだ。

 今回の人質事件が発生したアルジェリア南東部のイナメナスなど、リビアやマリなど政情不安定な周辺国との国境付近は、アフリカの中でも特にテロや誘拐の危険性が高い地域だった。そもそも、砂漠の中を走る国境線の警備には限界がある。それに加えて、カダフィ政権崩壊後のリビアは、今でも国としてのセキュリティーが存在しないような状況であるため、国境を越えてテロリストが自由に往来できてしまう。

 そのような地域に、リビア内戦で出回った大量の武器が流れ込んだことで、2000年代には活動が抑え込まれていたアルジェリアのイスラム過激派が再び台頭してしまった。リビアの内政が安定して反政府組織の武装解除に成功するまでは、リビアとの国境付近で今回のような事件が再発する可能性があると言われている。

「アルジェリア=アフリカ」ではない

 しかし、その事実をもってして、アフリカ全体が危険地帯であるかのように考えるのは間違いだ。アフリカ大陸には現在54の国がある。しかも、1つの国の中でも、リスクの状況は地域によって異なっている。

 アフリカ諸国のリスクの状況を、英調査会社エクスクルーシブ・アナリシスが作成しているリスクマップで見てみたい。下の地図(出所:Exclusive Analysis、以下同)は、同社がアフリカ大陸をリスクの度合いによって色分けしたものだ。青→黄→赤の順に危険度が上がっていく。

 この地図から改めて読み取れるのは、「アフリカは多様だ」という当たり前の事実である。例えば、「マグレブ」と呼ばれる旧フランス領だった北アフリカのモロッコ、アルジェリア、チュニジアの3カ国だけを見ても、リスクの度合いは一様ではなく、モロッコやチュニジアに比べてアルジェリアの危険度が突出していることが分かる。

国内でも地域によってリスクにばらつき

 そのアルジェリア国内でも、実は地域によってリスクに差がある。下の地図を見てほしい。特に赤く染まっているのは、主に北部とリビアとの国境付近だ。北部のリスクが高いのは、そこが「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ(AQIM)」の本拠地であるからだ。

 しかし、首都アルジェがある北部は治安部隊が掌握しやすい地域であるために、人質事件が発生した砂漠の真ん中にあるリビアとの国境付近と比べればリスクは低いとされる。また、多くの石油施設があるアルジェリア中部は国境付近から離れているために、テロリストが攻撃を仕掛けにくく、今回のような大規模な事件が発生するリスクも低いという。

 また、フランスが軍事介入をしている隣国マリでは、AQIMが制圧している北部は赤いが、それ以外の南部は茶色でリスク度合いがはっきり分かれている。同じ国でも、地域によって状況が大きく異なることが見て取れる。

 その北部では現在、フランス軍がAQIMに空から攻撃を仕掛けている。だが、砂漠には逃げる場所がたくさんあり、どれほど効果を上げるのか疑問視する声もある。空爆を受けたイスラム過激派はニジェールやブルキナファソなどの周辺国に逃げ込む可能性が高い。これらの国はマリに地上部隊を派遣しており、イスラム過激派が逃げ込んだ先の国で石油施設などに報復攻撃を仕掛けるリスクもある。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「アフリカのリスクを地図で見る。本当に危険な場所はどこ?」の著者

大竹 剛

大竹 剛(おおたけ・つよし)

日経ビジネス記者

2008年9月から2014年3月までロンドン支局特派員。2014年4月から東京に戻り、流通・サービス業を中心に取材中

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員