• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

グーグル、米ネット接続に一石

2013年3月5日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米カンザスシティーで、グーグルが試験的に始めたネット接続が好評だ。通信速度、料金、顧客サービス、それぞれで既存事業者と違いを出した。高速通信網で後れを取る米国のネット環境を変えるきっかけとなるか。

 同じ時間に見たいテレビ番組が3つ重なった場合どうするか。家に録画機があるので2つまでは大丈夫。だが、残りの1つは残念ながら諦めねばらない。カンザスシティー*1の市役所で働くライアン・カーペンターさんは、こんな思いをたびたび味わってきた。妻のジェニーさんが見たい番組とぶつかることもよくあった。

*1=ミズーリ州とカンザス州にまたがって位置しており、ミズーリ州側の人口は46万3202人(2011年推計)、カンザス州側の人口は14万6453人(同)

 だが、もうそんなことを気にしなくてもいい。昨年のクリスマスシーズンには、各テレビ局が特別番組を放送したが、見たいものは全部録画できた。「同時に8つの番組が録画できるんだ。しかも録画機の容量も大きいからいっぱいになる心配もない」。カーペンターさんはこう話す。

FTTH普及率では13位の米国

 不満を解消できたのは「グーグルファイバー」のおかげだ。IT(情報技術)産業の巨人、米グーグルが昨年11月にカンザスシティーの住民を対象に始めたサービスだ。

 光ファイバー網で高速のインターネット接続やテレビ番組の配信サービスを提供する。通信速度の違いやテレビ配信の有無などで3つのプランがあり、最大で通信速度は1Gbps*2(上り下りとも)と、米国で一般に提供されているサービスに比べおよそ100倍の通信速度を誇る。

*2=Gbpsはgigabits per second、Mbpsはmegabits per secondの略で、1秒当たりのデータ転送量を示す。ギガは10億で、メガは100万

 グーグルは現在の加入者数を明らかにしていないものの、導入前に2万1000人もの予約希望者が殺到したと報じられた。同社によるとサービス導入の狙いは、米国のネット通信速度が上がるよう革新を起こすことだという。

 米連邦通信委員会(FCC)が2012年に明らかにした資料によると、国・地域別で見た米国のネットの通信速度は24位。また、業界団体の調べでは、米国のFTTH*3の普及率は13位だ。「米国のネット通信は遅く、ウェブ閲覧を限られたものにしている」。グーグルの広報担当、ジェンナ・ワンダーズ氏はこう話す。同氏によると、新しいウェブページを開くのに1秒余計に時間がかかると、11%の人が開くのをやめてしまうとの調査結果があるという。

*3=Fiber to the homeの略で、光ファイバー網を利用した家庭向けデータ通信

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「グーグル、米ネット接続に一石」の著者

センズィン

センズィン(まいける・あーる・せんずぃん)

日経ビジネス ニューヨーク支局記者

2010年米ラトガース大学卒業後、日経BPニューヨーク支局に現地採用スタッフとして入社。スタートアップ企業に強い関心を持っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授