• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「中国の皆さん、我が国の居住権を売ります」

南欧諸国の奇策、スペインならたった2000万円

2013年3月8日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「貧しいEUの国々、富める外国人投資家に居住権『売却』」

 今年1月、イギリスの保守系高級紙「タイムズ」にこんな見出しが躍った。長引く債務危機にあえぐ欧州諸国が、EU(欧州連合)域外の外国人に対し、居住権を付与する代わりに投資を呼び込もうと躍起だというのだ。

 昨秋注目を集めたのは、不動産バブル崩壊の影響で国内に約70万戸もの売れ残り物件を抱えるスペイン。深刻な事態の打開に向け、政府は去年11月、16万ユーロ(約2000万円)以上の物件を購入した外国人に居住権を与える法整備を進めると発表した。似たようなスキームはポルトガルやキプロスなど、同じくユーロ危機に見舞われた南欧諸国でも既に去年始まっている。ただし、申請に必要な住宅購入価格の最低条件は、ポルトガルで50万ユーロ(約6300万円)、キプロスは30万ユーロ(約3800万円)であり、キプロスで付与されるのは永住権という違いこそあれ、スペインで提案されている価格に比べ高額だ。

キプロスの幹線道路沿いには、中国語で書かれた不動産を売る看板が目立つ。写真の看板には、「永住権手続きスペシャリスト―空き物件3000件以上あります」といった内容が書かれている。

 各国の事情はそれぞれ異なるが、概ねターゲットは中国やロシアの富裕層である。中国は南欧諸国とは対照的に、国内の住宅価格が高騰し続けてきた。今後のさらなる値上がりはあまり期待できる状況になく、彼らはお買い得な南欧物件に投資機会を見いだそうとしている。ここに、「居住権」や「永住権」まで付いてくるとなれば、もはやビザの取得などに悩まされる必要もなく一石二鳥だ。まさに、双方の需要と供給がマッチしている。

キプロスでは不動産屋が「風水」で中国人にアピール

 実際、外国人によるキプロスでの住宅取得は急増している。30万ユーロの住宅購入による永住権申請の条件が確定した去年8月から12月までの間に、外国人への住宅販売数は倍増した。

 昨秋、キプロスを取材で訪れてみると、高速道路脇などあちこちに中国語で書かれた不動産広告が多数見られた。高級住宅販売業者クオリティグループのアンドレアス・サンディス代表は、「風水にこだわる中国人購入者のニーズに応え、玄関の位置を当初の設計から変更した」と語った。

 金融危機以降の4年間、毎年3~4割の売り上げ減で経営に行き詰まり、社員を7割削減したというサンディス氏は「危機を乗り越えるにはもはや、海外からの投資に頼るしかない」と言う。EU圏外からの顧客増加に向けて永住権付与をより広めるように、精力的なロビー活動も行ってきた。

ハンガリーは国債購入者に永住権を付与

 不動産だけではない。国債を買った外国人に永住権を取得できる道まで開く国も現れた。公的債務残高がGDP(国内総生産)比の8割近くに上る、ハンガリーである。去年12月、5年物国債を最低25万ユーロ(約3100万円)購入すれば、EU域外の外国人でも期限付きの居住権ではなく永住権を取得できる法案を可決した(厳密にはまず一時滞在許可が与えられてその後半年で永住権申請ができる)。

 しかも、購入者は必ずしもハンガリー国内に居住する必要はなく、永住権の取得をもって、ハンガリー国内での就労や起業が可能となるほか、地方参政権や公共教育機関の利用などで多くの権利が認められる。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「中国の皆さん、我が国の居住権を売ります」」の著者

伏見 香名子

伏見 香名子(ふしみ・かなこ)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)。東京出身、旧西ベルリン育ち。英国放送協会(BBC)東京支局プロデューサー、テレビ東京・ロンドン支局ディレクター兼レポーターなどを経て、2013年からフリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック