• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「JALアマゾン連合」誕生へ

  • 佐藤 央明

バックナンバー

2013年3月29日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

JALとアマゾンはマイルを通じた共同販促に踏み切る。ヤフーとの提携を終了し、「ネット通販の強者」を選んだJAL。ポイント勢力図で先を行く「ANA楽天連合」に対抗できるか。

 4月中旬以降、日本航空(JAL)とアマゾンが提携し、マイレージを使った販促策を相次いで打ち出す。まず、JALマイレージ1万マイルをアマゾンギフト券1万円分に交換できるサービスを開始。また5月下旬から、JALが運営するオンラインの「JMBモール」を経由してアマゾンを利用すると、購入金額の0.5%相当、200円につき1マイルを付与するサービスを実施する。

 航空会社のマイレージと流通業のポイント交換自体は珍しくない。JALマイルも以前から、イオンの電子マネー「WAON」やビックカメラのポイントなどと交換できる。流通側はエアラインユーザーという上顧客の獲得につながり、航空会社側もマイルの交換先を増やすことによって、顧客満足度の向上が期待できるためだ。

 ただ今回JALが提携先に選んだのは、ネット通販で今や国内首位の売り上げを誇るアマゾン。これまでの提携とは少し異なった意味合いを帯びている。

「ANA楽天連合」に対抗

 「本当は4月1日から開始したかった」とJALの担当者は打ち明ける。前日の3月31日で、アマゾンと同業のヤフーとの提携がいったん終了するからだ。もともとJALとヤフーは蜜月の間柄で、マイルと「Yahoo!ポイント」の相互交換はもちろん、JMBモールでもYahoo!ショッピングは一番の人気店だった。

 ところが昨年6月、ヤフーは突如としてカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)の「Tポイント」との提携を発表。今春をめどに、TポイントがYahoo!ポイントを吸収する形で、一本化されることになった。

コメント0

「時事深層」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

環境の変化にきちんと対応して、本来提供すべき信頼されるサービスを持続できる環境を作り出さなければならない。

ヤマトホールディングス社長 山内 雅喜氏