• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

安倍政権150日~米国の評価は経済「B+」、外交「C-」

国内の評価と米国の評価は大違い

2013年5月21日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 安倍政権が発足してから5月26日で150日を迎える。

 安倍政権はまず、大規模な金融緩和と財政出動を柱とする「アベノミクス」を打ち出した。これを受けて株価は上がり、円安が進んだ。

 外交面ではロシア、サウジアラビアなどエネルギー資源大国への積極アプローチに打って出た。国内での支持率は高まり、日中、日韓関係は冷え切ったままだが、北方領土交渉を再開する糸口もつかんだ。日ロ関係は動きそうだ。

 普天間問題の解決にも意欲を見せる。アメリカが期待する環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加にも道を開いた。国内メディアの評判もすこぶる良い。

 安倍政権の積極外交は、さぞかしワシントンでの覚えがめでたいだろう――と思い気や、実はそうではない。かつて米国務省高官を務めた専門家は「経済はB+、外交rではC-」と見る。

最大の難問、日中、日韓には手付かず

 経済をB+と評価する理由はなんとなくわかる。

 株価が上がり続け、それに便乗して為替は1ドル=100円の壁をいとも簡単に破った。だが、この円安が今後、実体経済にどう反映するのか。輸出量が伸び、生産も雇用も増えれば、日本経済は再び世界経済の牽引力になりうる。が、アメリカはまだそうなる確信を得てはいない。"How is Abenomics doing?," Noah Smith, Noahpinionblog.blogspot.com, 3/09/2013)

 安倍首相はベトナム訪問を皮切りに外遊を開始。5月にはロシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、トルコを歴訪した。100人近い経済人を伴って、エネルギー源の確保と原発売り込み促進のためのトップ・ビジネス外交を繰り広げた。もっとも、この種のことはアメリカはじめ中国でも韓国でもやっていること。別に目新しいことではない。

 日本のメディアが大々的に報道した北方領土問題の交渉を再開する合意も、ワシントンから見れば、「それが直ちに、日ロ関係にコペルニクス的変化をもたらすとは考えられない」(米上院外交委員会スタッフ)。膨大な日ロ共同宣言文を読んでみても、日ロ接近が東アジア情勢に与える影響について神経質なアメリカの外交や国際政治を大きく変えるような話は特段出てこない。

 「尖閣諸島の領有権を巡って対立する中国を牽制するため、ロシアに接近するのだろう。だが、中ロは中ロで既に首脳同士が意見を交換している。日中ロの三角関係における駆け引きの中でのロシアの立場を高めただけだ」(米上院外交委員会民主党系スタッフ)。

コメント35件コメント/レビュー

中国の歴史認識と言うのは、当時は、欧米列強に屈辱をきしたどうしょうもない国だった、また、長い歴史の中で、韓国の歴史認識は、強い国に蹂躙され、困ったときに助けて欲しいといい、助けて貰えそうにないときには、罵声を浴びせるというどうしょうにもならない恥ずかしい国であったし、現在もそうですと言う意味なら、正しい歴史認識をしている国として評価します。さらに、当時の列強の一つロシアの恐怖に慄き、その全線基地となる満州を日本が占領してくれれば安心と思っていたという歴史認識であるならば正しい。 村山首相の最近の談話でも、他国に進駐したら、侵略であると言う、これが正しいならば、世界的な一般用語として、定着できるように、努力したのか。韓国の竹島は侵略でないのか、中国の無抵抗なチベット侵略は、侵略でないのかはっきり発言をして欲しい。安部首相は、世界共通概念として、侵略の定義は難しいと言っているのである。日本国内での曖昧な用語は世界共通定義語でないし、そんな用語で外交文書にしてしまう無能な政治家を首相にした自民党の当時の幹部が問題だ。長期的な視点で、冷静に考えれば、やはり、海外まで行って戦うことはない。(2013/05/24)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「安倍政権150日~米国の評価は経済「B+」、外交「C-」」の著者

高濱 賛

高濱 賛(たかはま・たとう)

在米ジャーナリスト

米政治・経済・社会情勢を日本に発信している。1969年、米カリフォルニア大学卒業、読売新聞社に入社。米特派員、総理官邸・外務省担当キャップ、デスクを経て、調査研究本部主任研究員。98年からUCバークレー校上級研究員。同年から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

中国の歴史認識と言うのは、当時は、欧米列強に屈辱をきしたどうしょうもない国だった、また、長い歴史の中で、韓国の歴史認識は、強い国に蹂躙され、困ったときに助けて欲しいといい、助けて貰えそうにないときには、罵声を浴びせるというどうしょうにもならない恥ずかしい国であったし、現在もそうですと言う意味なら、正しい歴史認識をしている国として評価します。さらに、当時の列強の一つロシアの恐怖に慄き、その全線基地となる満州を日本が占領してくれれば安心と思っていたという歴史認識であるならば正しい。 村山首相の最近の談話でも、他国に進駐したら、侵略であると言う、これが正しいならば、世界的な一般用語として、定着できるように、努力したのか。韓国の竹島は侵略でないのか、中国の無抵抗なチベット侵略は、侵略でないのかはっきり発言をして欲しい。安部首相は、世界共通概念として、侵略の定義は難しいと言っているのである。日本国内での曖昧な用語は世界共通定義語でないし、そんな用語で外交文書にしてしまう無能な政治家を首相にした自民党の当時の幹部が問題だ。長期的な視点で、冷静に考えれば、やはり、海外まで行って戦うことはない。(2013/05/24)

日本の米国に対する評価も似たようなものじゃないでしょうか?国益はしばしば相手にとっての不利益です。それを調整するのが政治です。米国在住のジャーナリストさんには情報発信という大切な仕事が出来ました。それに安倍政権になってようやくお互い評価し合える状況になったということで、喜ばしい限りです。前政権は評価のしようがなかったのですから。(2013/05/23)

今、日本が取るべき道は、歴史認識といった迎合的な次元に拘泥した国際戦略ではなく、よりプラグマティックに、また、より地政学的にアジア戦略を構築することではないでしょうか。例えば、日本・北朝鮮・ベトナム・インド、そして米国を招き入れた秘密軍事同盟による尖閣、東シナ海問題のソルーションというソルーションもあると考えます。米国は必然的に参加すると考えますが、記者殿は、どのようにお考えになられますか。(2013/05/22)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長