• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

イタリア発、コーヒーとピザで善意の連鎖

英国のスタバも始めた「保留」ムーブメントとは?

2013年5月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ロンドンの中心部、カーナビー・ストリートに程近いスターバックスの店内に、「サスペンデッドコーヒー」と書かれた小さな看板が置いてある。聞き慣れない商品名だが、客がこれを注文しても、その場でそのコーヒーを飲めるわけでもなければ、見ることも手に取る事も出来ない。いったい、これは何なのか。

英国のカフェでもお目見えした「サスペンデッドコーヒー」。写真はスターバックスUKのPR用カップ

 サスペンデッドコーヒーは日本語で「保留コーヒー」と訳されている。実は、大昔にイタリアで始まった習慣で、ちょっとした小銭が余った客が、コーヒー代を払えない見知らぬ市民のために、1杯分を先払いしてそのコーヒーを店に「留めおく」仕組みのことだ。

 スターバックスUKの場合(フランチャイズ店は除く)は、客が保留コーヒー代2.15ポンド(約340円)を支払うと、1杯分のコーヒー豆とその代金の両方を慈善団体に寄付する独自の仕組みを導入しているが、本来はコーヒーが「保留」されていれば、「保留コーヒーをください」と注文すると誰でも1杯、コーヒーを飲めるわけだ。

フェイスブックでイタリアから世界に広がる

 英国では消費者が積極的にツイッタ―などを通じて、大手コーヒーチェーンに保留コーヒーの導入を求めていた。スターバックスUKがその反響の大きさを受けて、この試みを始めたのは4月下旬。最近、イタリアで復活した保留コーヒーの動きに触発されてのことだ。

 今、この保留コーヒーが、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を通じて急速に世界各国に広がっている。既に米国や英国、オーストラリア、カナダ、スウェーデン、そして日本などで、保留コーヒーのフェイスブック・ページが立ち上がっている。

コメント3件コメント/レビュー

制度としては興味深い。ただ、「保留コーヒー」と言われても何のことやら、だった。昔の洋画は原題を直訳や原語発音のまま上映することは無かったように、原題とかけ離れた名称でも適切な単語を創設する方が良いだろう。もっとも、今の日本では定着するとは思っていない。無償の方だけを注文する者の行動パターンが目に浮かぶせいだが。(2013/05/27)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「イタリア発、コーヒーとピザで善意の連鎖」の著者

伏見 香名子

伏見 香名子(ふしみ・かなこ)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)

フリーテレビディレクター(ロンドン在住)。東京出身、旧西ベルリン育ち。英国放送協会(BBC)東京支局プロデューサー、テレビ東京・ロンドン支局ディレクター兼レポーターなどを経て、2013年からフリーに。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

制度としては興味深い。ただ、「保留コーヒー」と言われても何のことやら、だった。昔の洋画は原題を直訳や原語発音のまま上映することは無かったように、原題とかけ離れた名称でも適切な単語を創設する方が良いだろう。もっとも、今の日本では定着するとは思っていない。無償の方だけを注文する者の行動パターンが目に浮かぶせいだが。(2013/05/27)

すばらしい習慣だと思います。コーヒー一杯で、だれかを元気づけられると思えば、安いものです。ただ現在の日本では、生活保護不正受給者などの輩がわんさかいるので、実際に導入されても、保留できるかどうかわかりませんが・・・(2013/05/27)

実は読んでいて涙が出てきました。西欧諸国などで日常行われていることを我々は意外に知らないでいると思います。小さなことを一人一人が行えば大きな力になるのでしょうね。大変よい内容の記事でした。(2013/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長