• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日経平均、突然の急落劇

アベノミクス相場、半年で迎えた正念場

2013年5月24日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 その瞬間は突然、訪れた。

 23日の東京株式市場で、日経平均株価は朝方から堅調な滑り出しとなり、一時は上げ幅が300円超。1万6000円の台替わりを視野に入れる場面すらあった。

 その地合いが急速に傾き始めたのが11時前。きっかけは、いくつか指摘されたが、主な元凶は2つ。長期金利の上昇に対する警戒感と、中国景気の不透明感だ。

日経平均と25日移動平均

日銀の行動が裏目に?

 債券市場では、朝方、長期金利が1年2カ月ぶりに1%台まで上昇した。これを受けて、即座に動いたのが日銀だ。

 日銀は10時すぎ、この長期金利の上昇を牽制するメッセージを込め、期間1年で2兆円の資金供給を通知した。黒田東彦総裁率いる現体制下での、機動的な金融調節を評価する声はあったが、しかしその結果は、オペの応札額が供給予定額を下回る「札割れ」。市場では「日銀は長期金利の上昇をうまく抑えきれないのではないか」(欧州系証券の債券ディーラー)との不安感のほうが勝った。

コメント7件コメント/レビュー

 黒田日銀が過去に例のない「異次元緩和」をしているのに、その効果には強すぎる自信を持っている印象なのが怖い。実証されていない理論を試す社会実験をしているのだから、事情によって緩和内容を変更することを柔軟に考えるべきだ。またイールドカーブ全体に働きかけると言いながら、長期金利をコントロールできない黒田総裁への落胆が株価急落の背景にあるのではないか。 安倍首相も飯島訪朝で米政府の怒りを買い、今後、日本外交に支障が生じる恐れがある。順風満帆だった安倍政権に逆風が吹き始めたのかも知れない。(2013/05/26)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「日経平均、突然の急落劇」の著者

松村 伸二

松村 伸二(まつむら・しんじ)

前日経ビジネス副編集長

日刊紙の日本経済新聞、リアルタイム速報の日経QUICKニュース(NQN)、テレビの日経CNBC、週刊誌の「日経ビジネス」と、日経グループの様々な媒体を渡り歩き、マーケット記事を中心に情報発信を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 黒田日銀が過去に例のない「異次元緩和」をしているのに、その効果には強すぎる自信を持っている印象なのが怖い。実証されていない理論を試す社会実験をしているのだから、事情によって緩和内容を変更することを柔軟に考えるべきだ。またイールドカーブ全体に働きかけると言いながら、長期金利をコントロールできない黒田総裁への落胆が株価急落の背景にあるのではないか。 安倍首相も飯島訪朝で米政府の怒りを買い、今後、日本外交に支障が生じる恐れがある。順風満帆だった安倍政権に逆風が吹き始めたのかも知れない。(2013/05/26)

安倍政権に変わって、「やるぞ」という発言以外何をしたと言うことも無いのに相場は急騰してきた。世間は「不況疲れ」していたのと「何が何でも相場は安すぎる」と言う思いが底流にあったのだろう。色々な理屈を付けて上げたり下げたりしているが、ようは博打相場の何物でも無い。だから、特に一般の投資家は”おかなびっくり”で参加している。しかし、行き場のない大量の資金がうろうろしている現在、まだしばらくは投機相場は続くと考える。この相場が終わるときは、経済は再起不能の状況になっているかも知れない。(2013/05/26)

バブル!(2013/05/24)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長