• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本株1万5000円台への再トライはあるか?

全員参加型の神経戦へ突入

2013年5月27日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今週も日本株の値動きに、世界の注目が集まりそうだ。

 先週23日に1000円強も急落した日経平均株価は、翌24日には反発した。午前に523円高、午後に502円安の場面が見られる乱高下ぶりで、一日の値幅が2日連続で1000円を超えるダイナミックな相場展開になった。

 2日とも共通した、もう1つのポイントは、下落時の底堅さだ。23日は日経平均先物が、24日には日経平均そのものが、それぞれ1万4000円の心理的な節目を一時的に割り込む場面があったが、その後に持ち直した。結果的に、多くの市場参加者が強く意識していた、チャート分析上の「25日移動平均」を上回って着地した。

 ひところであれば、“冷や水”を浴びせられるたびに「模様眺めムード」に陥って萎縮しがちだった日本株マーケットだが、今は様相が違う。東証1部の売買代金は1000円安だった23日に過去最多の5兆8376億円を記録し、24日も4兆8811億円の大商いだった。

 「相場が下がる場面で商いが膨らむのは、買い手が多いという良好な環境の証左」と解説する、みずほ証券の三浦豊シニアテクニカルアナリストは、目先3週間程度は、再び1万5000円の節目を超えていくための、1万4000円近辺での値固め局面と見据えていた。

アベノミクス相場特有の「過熱感」

 そもそも今回、多くが指摘していた「相場の過熱感」は、安倍晋三政権の政策運営を背景とする「アベノミクス相場」特有の“副産物”と言える。物価を上げていこうとする政策が全面に打ち出され、株価がそれを素直に織り込もうとする中で、前のめりになりがちなわけだ。

 下のグラフは、日経平均と、市場の物価上昇への期待値を重ね合わせたものだ。物価期待値は、日本相互証券が日々公表している「ブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)」という代表的な指標で表した。

日経平均株価と物価上昇期待
注:BEIは日本相互証券の公表値。固定利付国債の利回り(名目金利)-物価連動国債の利回り(実質金利)。単位(右)はベーシスポイント。日経平均株価の単位(左)は円

 昨今は株価上昇のピッチの早さが叫ばれていたが、物価上昇への期待度合いのほうが、急な傾きになっていた。一概には言えないが、このことは株高に対する期待も一層強まりやすいことを意味していると言える。

コメント3件コメント/レビュー

「経済のファンダメンタルズや政策運営、海外情勢などの外部環境が大きく変わったわけではない。」ファンダメンタルズはともかく、政権運営と海外情勢は野田政権時とは大違いなのでは?(2013/05/27)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「日本株1万5000円台への再トライはあるか?」の著者

松村 伸二

松村 伸二(まつむら・しんじ)

前日経ビジネス副編集長

日刊紙の日本経済新聞、リアルタイム速報の日経QUICKニュース(NQN)、テレビの日経CNBC、週刊誌の「日経ビジネス」と、日経グループの様々な媒体を渡り歩き、マーケット記事を中心に情報発信を続ける。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「経済のファンダメンタルズや政策運営、海外情勢などの外部環境が大きく変わったわけではない。」ファンダメンタルズはともかく、政権運営と海外情勢は野田政権時とは大違いなのでは?(2013/05/27)

あのバブル期は株も土地も預金も商品もカネの争奪戦を繰り広げていたが、今は株だけの騒ぎだ。当時は郵便局の定額貯金だって5%の利息があって、国民全体が儲けた気分になったものだが、それも望めそうにない。財政再建、消費増税や少子高齢化などの現実を目の当たりにすれば、株式市場も円高が是正された分だけの水準調整に終わる気がするのだが。(2013/05/27)

正しい分析だと思います。新しさは感じないですけど。経済新聞らしく良い記事です。(2013/05/27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員