• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

世界初!映画館、DVD、テレビで新作シネマを同時公開

低予算映画が挑戦したハリウッド対抗の奇策

2013年7月30日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 7月5日、英国の映画監督ベン・ウィートリー氏の新作映画「ア・フィールド・イン・イングランド(A Field in England)」が英国で公開された。

 ウィートリー氏の知名度は国際的にはそれほどでもないが、英国では注目されている監督の1人で、17世紀の英国を舞台にしたこの映画も各新聞のレビューで好評を得ている。

英国で7月5日に、映画館、DVD、テレビで同時公開するという世界初の試みを実施した低予算映画「ア・フィールド・イン・イングランド(A Field in England)」(ベン・ウィートリー監督)

 だが、この作品が話題となったのは、もう1つ別の理由がある。通常、新作映画はまず、映画館で公開され、その後にDVDやブルーレイで販売されて、最後に地上波テレビで放映されるというのが一般的な流れだ。しかし、この新作は映画館とDVD、ブルーレイ、テレビ、ビデオ・オン・デマンドで、同じ日に公開されたのである。

 これまでも、新作映画がケーブルテレビや衛星放送の有料チャンネルで劇場公開と同時に放映されたことはあった。しかし、今回は、誰もが無料で見られる地上波のチャンネルを含む、すべての配信プラットフォームで同時公開された。これはおそらく、世界初の試みだ。

製作費4500万円、12日間で撮影した低予算映画

 この映画のプロデューサーの1人、ロック・フィルムズのアンディー・スターク氏は、「何百万ポンドという大きな予算をかけられない映画にとって、地上波テレビを含むすべてのプラットフォームで同時に公開する仕組みは理にかなっている」と話す。「A Field in England」の製作予算は30万ポンド(約4500万円)で、ハリウッドの大作と比べると格段に少なく、撮影期間もわずか12日だった。

 ハリウッド映画は集客のために派手な広告宣伝を展開できるが、低予算映画はそうもいかない。事実上、映画市場はハリウッド映画に独占されているような状況で、よほどの映画ファンでもない限り、低予算映画を見ることはほとんどない。低予算映画の製作者たちにとって、いかの多くの映画ファンに見てもらう仕組みを作り出すかは、大きな課題となっていた。 

 このような状況を打破するために考案されたのが、“全プラットフォーム同時公開”である。この映画のスポンサーとなり、地上波テレビでの放送を実施した民放テレビ局フィルムフォー(Film 4)によると、その結果は次のようなものだ。

コメント0

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「世界初!映画館、DVD、テレビで新作シネマを同時公開」の著者

スカーレット

スカーレット(ろーら・すかーれっと)

ロンドン支局 記者

英シェフィールド大学で日本語を専攻。2010年に英国王立芸術大学(RCA)に進学し、日本のデザインと消費文化の研究に従事する。2012年から日経ビジネス・ロンドン支局記者

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長