• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ネット通販全盛でカタログ通販は終わるのか

ニッセンHD、赤字転落の苦悩

2013年8月12日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ネット通販を利用する人が増え続ける中で、カタログ通販は生き残ることができるのか――。7月26日に通販大手のニッセンホールディングスが発表した2013年1~6月期の決算は、この難題を同社に突き付ける結果となった。

 同社の連結売上高は、ギフト販売のシャディなどを買収した効果もあって前年同期比46.2%増の約1025億円と大きく増えた。その一方、営業損益は約16億円の赤字。期初予想の5億5000万円の黒字を大幅に下回った。アベノミクスによる円高是正や消費回復で業績が大きく上向く企業が多いだけに、ニッセンHDの赤字転落は目を引く。

 赤字転落の主な要因が主力の通販事業の不振だ。営業損益が計画から減少した要因を見ると、子会社ニッセンの売り上げ減少による粗利益の減少と、ニッセンの原価率の悪化でそれぞれ約12億円のマイナスとなっている。

 海外で製造した商品を輸入して国内で販売するニッセンにとって、アベノミクスによる円安は逆風となった。原価率の悪化は円安による仕入れコストの上昇などが原因だ。

カタログ発行時期と季節感が合わない

 より悩ましいのは売り上げの減少だ。通販の売り上げが大きく減ったのは、販売効率を高めるために販促費を削減したことや商品点数を絞り込んだこともある。それに加えて、「総合カタログの発行時期と季節感が合わず、売り上げが伸びなかった」(ニッセンHD幹部)。

 ニッセンの総合カタログ「nissen」は年5回の発行。実際の季節よりも1カ月ほど早く発行し、季節の商品を先取りして衣料品などを買ってもらうモデルだ。しかし、ファストファッションの隆盛やネット通販の普及もあって、季節を先取りして衣料品を買う消費者は減り、実需期に買う傾向が強まっている。

 商品の企画やカタログの制作・配布から実際に必要となるまでの時間が長いカタログ通販のビジネスモデルは、そのほかのアパレルビジネスと同様、一種の賭けの側面がある。流行の当たり外れに加え、天候次第で売れ行きは大きく変わる。

 カタログ通販の場合は発行のタイミングが季節と合っているかが重要だという。例えば、夏物のカタログを配布する時期に涼しいと売れ行きは伸びず、「そこから暑くなっても、もう一度カタログを開いて買ってくれる人はそれほど多くない」(ニッセンHD幹部)。

 今年の春夏のカタログでは、この季節感のズレが大きくなり、既存顧客からの売り上げが大きく減少してしまった。

 ただ、ニッセンHDでは今回の季節感のズレによる売り上げ減少を一過性のものと捉えていない。カタログ通販という事業そのものが抱える問題に起因していると見て、ビジネスモデルの抜本改革を目指す。

コメント6

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ネット通販全盛でカタログ通販は終わるのか」の著者

小平 和良

小平 和良(こだいら・かずよし)

日経ビジネス上海支局長

大学卒業後、通信社などでの勤務を経て2000年に日経BP社入社。自動車業界や金融業界を担当した後、2006年に日本経済新聞社消費産業部に出向。2009年に日経BP社に復帰。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官