• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

自動ブレーキ「+5万円」に思わぬ援軍

2013年8月20日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「6割ぐらいのお客さんが『スマアシ』を選んでくれるのではないでしょうか」。8月19日、軽自動車「ミライース」の一部改良を発表したダイハツ工業の中島雅之チーフエンジニアはこう自信をのぞかせた。スマアシとはダイハツの衝突被害軽減ブレーキ「スマートアシスト」の略称だ。フロントグリルの赤外線センサーで前方の車両を認識し、追突しそうなときは自動でブレーキをかける。壁際での誤発進も防ぐ。

フロントグリルの赤外線センサーで前方車両を認識、追突を防ぐ

 ダイハツがこのブレーキを搭載し始めたのは昨年12月に一部改良した「ムーヴ」からだ。ムーヴでは113万円のモデルが最安だったが、ミライースでは94万円のモデルにも自動ブレーキを載せた。「100万円を切ったインパクトは大きい。狙ってやりました」(中島チーフエンジニア)。

 とはいえ、安いクルマになればなるほど自動ブレーキの価格がきわ立ってしまうのも事実だ。ダイハツの場合、自動ブレーキなしのクルマと比べて5万円高くなる。高級車と比べれば自動ブレーキそのものも安価に仕上げているとはいえ、価格に厳しい軽自動車の顧客に受け入れられるだろうか?との疑問はわく。日本の消費者には「安全はタダ」という意識も強い。

 だがここに来て、自動ブレーキの思わぬ援軍が現れた。自動車保険だ。

コメント4件コメント/レビュー

損保が食い扶持減らすことなんかしないだろうね。実現したら、その分他の車両の料率が上がるんだろうなぁ(2013/08/20)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「自動ブレーキ「+5万円」に思わぬ援軍」の著者

佐藤 浩実

佐藤 浩実(さとう・ひろみ)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社で電機、機械、自動車を6年間取材。13年4月に日経ビジネスへ。引き続き製造業を担当。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

損保が食い扶持減らすことなんかしないだろうね。実現したら、その分他の車両の料率が上がるんだろうなぁ(2013/08/20)

 日経BPで他紙さんの話題もなんですが、今月号のFPジャーナルでもこの自動車保険の等級別料率制度改定の話題が掲載されていました、同じ20等級でも無事故割引が63%に対して事故ありは44%の割引に留まり、ノーカウント事故も1等級引き下げに制度改悪。3等級ダウン1回で3年間、1等級ダウン事故1回で1年間適用(上限6年)されるそうですね。 これまでは比較的小さな事故でも保険金を請求したものの、今後は対人賠償が発生する場合や対物なら電柱への衝突など被害額が大きなケースに保険金請求が限定されていきそうな気がします。(2013/08/20)

「自動ブレーキ付きのクルマは保険料を引き下げてもらいたい」には賛成しますが、運転者の操作次第では効果が発揮できないことも考えられるので、保険会社は躊躇しているのかもしれません。(2013/08/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授