• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「コスプレ」に託す地場産業の未来

危機に瀕する繊維産業、1つの突破口

2013年8月23日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 古くから繊維産業が盛んな尾州産地の中心地、愛知県一宮市。その町に突如、アニメや漫画の登場人物に変装する「コスプレ」の行列が現れた。

 7月27日、世界20カ国のコスプレ愛好者が集う世界コスプレサミット(WCS)と連携し、「一宮七夕まつりコスプレパレード with WCS 2nd」が開催された。このパレードは、一宮商工会議所がコスプレによる街の活性化を目指す「コスチュームタウン構想」の一環として企画したもので、今年が2回目になる。

 昨年は、名古屋市で開かれたWCSの各国代表や一般のコスプレ愛好家など総勢280人が参加。今年は参加人数がさらに増え、350人もの愛好家が集結した。パレードが行われた沿道には、10万~20万にも上る見物客が集まったという。

 今年から、衣装用の生地をコスプレ愛好家に紹介する「尾州テキスタイル市」も同時に開催するなど、「繊維の街」をアピールする試みも新たに始まった。

色とりどりのコスプレイヤーたちが、1時間以上にわたって商店街などを練り歩いた

「繊維の町からコスチュームタウンへ」

 “コスプレで地域活性化”という突飛とも言える構想は、一宮商工会議所が2011年に公募した「未来の一宮 創造プランコンテスト」から生まれた。

 「繊維の町からコスチュームタウンへ」――。市民の提案が新しい風を起こし、商工会議所を動かした。

 2012年には研究会が発足。コスプレパレードの企画にこぎつけた。また、今年2月には、一宮市真清田の真清田神社境内で、コスプレ愛好家による豆まきイベントを開催。当日は100人以上の愛好家が駆けつけ、多くの市民もイベントに訪れた。

 5月には、「コスチュームタウン推進委員会」が正式に発足。商工会議所のスタッフを中心に、繊維会社の代表らが参加している。

 「アパレルの製造が海外へ流出し、国内の繊維産業は危機に瀕している。新しいことにチャレンジし、地場産業を元気にするのが最大の目標」と推進委員会のスタッフは語る。市内にある布にインクジェットプリントを施す企業は、コスチュームタウン構想の活動が始まって以来、受注が増加しているという。“コスプレ町おこし”は、少しずつではあるが根づきつつある。

コメント2

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「「コスプレ」に託す地場産業の未来」の著者

森岡 大地

森岡 大地(もりおか・たいち)

日経トレンディ記者

2006年、日経トレンディ記者、2013年、日経ビジネス記者、2014年に日経トレンディ記者。“イクメン”を目指し、仕事との両立に奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官