• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

プラスチックごみの山が油田に変身

小型油化装置でコスト削減に挑む

2013年8月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 プラスチックは石油からできている。それを石油に戻すことは技術的には難しくない。しかしながら、日本ではプラスチックごみの5割以上が焼却処分されている。このような中、プラスチックごみを石油に戻す「廃プラスチック油化装置」の製造と販売で、世界から注目を集めているベンチャー企業がある。神奈川県平塚市のブレスト社だ。

 「このゴミの山がすべて石油になるなら、これはいい商売になるぞと。恥ずかしながら最初はあまり深く考えず、儲かりそうだという動機だけで始めた」

 こう語るのは、2001年創業のベンチャー企業、ブレスト社の伊東昭典社長だ。同社の事業内容は、廃プラスチック油化装置、すなわちプラスチックごみを石油に戻す装置の製造と販売だ。

ブレスト社の伊東昭典社長

 現在、同社の廃プラスチック油化装置は、国内約60カ所、海外約30カ所に設置されており、伊東氏の事業内容を紹介した動画サイト(YouTube)は世界中で視聴されている。再生回数は363万回を突破し、動画がアップされた2011年には、世界中からメールによる問い合わせが殺到。その数は約1万5000件を超えた。

プラスチックごみの多くは焼却処分

 ご存知の通り、プラスチックは石油からできている。それを石油に戻すことは技術的には難しくない。プラスチックを約400℃まで加熱して気体にし、冷却装置で冷却してやれば、石油が生成される。

 しかし現在、プラスチックごみのほとんどは焼却されたり、そのまま埋め立て処分されたりしている。それはなぜなのだろうか。

 実は、1970年代に起こったオイルショックを機に、日本でも70年代後半からプラスチックごみの油化技術の開発が進められ、その技術はほぼ確立していた。そして、90年代に入り、原油価格の高騰や地球環境問題が深刻さを増す中、一般廃棄物のうち、重量で約20%を占める容器包装廃棄物の処理が喫緊の課題となっていった。

 そこで、1995年に「容器包装リサイクル法」が制定され、PETボトルとプラスチック製容器包装もリサイクルの対象となった。

 現在、プラスチックごみのリサイクル方法は、大きく3つに分類される。プラスチックごみをそのまま原料にして新しい製品を作る「マテリアルリサイクル(再生利用)」、プラスチックごみを化学的に分解するなどして、化学原料に再生する「ケミカルリサイクル」、そして、焼却炉などで燃やして、熱や電気などのエネルギーとして回収する「サーマルリサイクル(サーマルリカバリー)」である。

 この中で、最も割合が高いのがサーマルリサイクルで、50%以上を占める。一方、プラスチックごみの油化はケミカルリサイクルに分類されるが、現状、ほとんど行われていない。容器包装リサイクル法の制定に伴い、多くの企業が廃プラスチック油化装置の開発に取り組んだものの、採算が合わないため、そのほとんどが、2011年までに事業を撤退してしまったのだ。そういった中、残った数少ない企業の1つがブレスト社である。

コメント3

「日本キラピカ大作戦」のバックナンバー

一覧

「プラスチックごみの山が油田に変身」の著者

山田 久美

山田 久美(やまだ・くみ)

科学技術ジャーナリスト

早稲田大学教育学部数学科出身。都市銀行システム開発部を経て現職。2005年3月、東京理科大学大学院修了(技術経営修士)。サイエンス&テクノロジー、技術経営関連の記事を中心に執筆活動を行っている。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

意外なことに、伝統的な観光地が 訪日客の誘致に失敗するケースも 少なからず存在する。

高坂 晶子 日本総合研究所調査部主任研究員