• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

MRJが突き当たった官民「50年の空白」のカベ

2013年8月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「航空産業は非常に参入障壁が高いが、いったん参入できるとプレーヤが少ないので堅い商売になる」

 かつて、三菱重工業の大宮英明会長は本誌のインタビューでこう語った。多額の資金を投入してまで事業化し、新規参入を狙う上で、収益を確保してくれるはずだった航空機産業の高い「参入障壁」。それが、自らの目の前にそびえ立っている。

3度の開発延期で初号機納入が2017年となったMRJ(三菱航空機提供)

 8月22日、三菱重工傘下の三菱航空機は、国産小型ジェット旅客機「MRJ」の開発の遅れをアナウンスした。初飛行は当初予定していた今年9‐12月から2015年の4‐6月に、初号機の納入は2015年半ば以降から2017年4‐6月へと、それぞれ1年半程度の遅れを余儀なくされる。

 MRJの開発遅延はこれで3回目だ。2009年に設計や機体の素材を、2012年に製造工程などを見直したことに続く。一番最初の計画では、2013年の初号機納入を目指していた。結果的に、4年以上遅れることになった。

 過去の遅れの原因は、仕様や装備品といった個別の技術的な問題だった。しかし今回は、日本企業としては約50年ぶりの旅客機の開発という「空白の期間」が生んだ、より構造的な問題と言える。

コメント3

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「MRJが突き当たった官民「50年の空白」のカベ」の著者

熊野 信一郎

熊野 信一郎(くまの・しんいちろう)

日経ビジネス記者

1998年日経BP社入社。日経ビジネス編集部に配属され製造業や流通業などを担当。2007年より日経ビジネス香港支局に異動、アジアや中国に関連する企画を手がける。2011年11月に東京の編集部に戻る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック