• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

仕事偏重の「朝活」に異議あり!

「エクストリーム出社」が生む新しい消費

2013年9月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 9月13日の朝7時、東京・茅場町のとあるビル前。数名のビジネスパーソンが、「エクストリーム出社」を楽しむために集まった。

 いつもより少し早起きし、朝の時間を有効活用する「朝活」という言葉を聞くようになって久しい。ただ、「エクストリーム出社」という言葉はまだ馴染みのない人が多いはずだ。今夏、ツイッターやフェイスブックなどのSNS(交流サイト)上で目につくようになったキーワード。読者参加型のまとめサイト「NAVERまとめ」などでも話題になっている。

 「極端な」もしくは「過激な」といった意味の英語である「エクストリーム」に「出社」を組み合わせた造語で、「早朝から観光やアクティビティーを満喫した後、定刻までに出社するエクストリームスポーツ」との意味だ。

 エクストリーム出社を楽しむ人は「出社ニスト」と呼ばれる。普通ならおよそ出勤前にはしないようなことを朝からする斬新さが受け、愛好者が増加している。

隅田川の上でつぶやく日常の中の別世界

 冒頭の話に戻る。茅場町に集まった「出社ニスト」たちの今回の目当ては、カヌーだ。「都心の水辺探訪クラブ」が企画したエクストリーム出社体験プラン。小型のカヌーで霊岸島(東京都中央区)をグルッと1周する。

 朝7時に集まると、カヌーの漕ぎ方や注意点についてのレクチャーを受けて乗船。新亀島橋などをくぐり、隅田川へと抜けた。

今回乗ったのは10人乗りのゴム製カヌー「Eボート」。都心の水辺探訪クラブでは、日本橋歴史探訪クルーズなども企画している

 朝の優しい日差しを浴びて静かにきらめく隅田川の水面。「美しい」の一言に尽きる。遠くの橋上には、出勤を急ぐビジネスパーソンの姿。まさに別世界だった。

 「朝は水上バスなどの往来がないので、波がなくて穏やか。この時間だからこそ楽しめる」と出社ニストでもある都心の水辺探訪クラブの山下匡紀氏は語る。

 カヌー上では、参加者が思い思いにスマートフォンで写真を投稿しているのが印象的だった。「#エクストリーム出社」というハッシュタグ(トピックに関する印)をつけてツイッターに投稿すると、リアルタイムで見ているほかの出社ニストたちから反応が返ってくるのが面白い。

 カヌーはその後、永代橋をくぐり、日本橋川を経由して出発地に戻った。約1時間の濃密な船旅。やや疲労感はあったものの、開放感と心地良さが体を支配し、仕事のことはすっかり忘れていた。「体を動かして頭が空っぽになるのは良いことだと思う」。参加者の1人は笑顔でこう語った。

 船を降りた後は参加者同士で立ち話に花が咲く。そしておのおの、自らの職場へと笑顔で向かっていった。

カヌーをのんびりと漕ぎ、思い思いにツイッターに写真を投稿する出社ニストたち。日本橋川にかかる高速道路を下から眺められるのは非常に貴重な体験だった

コメント1件コメント/レビュー

なんだか、いい意味で「バカだね」と。遅刻しないならやりたい人が好きなことしてるだけで何の問題もない。ただ、こういうことをする人たちを必要以上に持ち上げることには反対。個人的には朝はゆったり心を落ち着けて仕事に臨む方がパフォーマンスは上がると考えている。価値観の問題なのでどちらが優れているという話でもない。「こういうバカもいる」ぐらいの受け止め方でいい。(2013/09/20)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「仕事偏重の「朝活」に異議あり!」の著者

森岡 大地

森岡 大地(もりおか・たいち)

日経トレンディ記者

2006年、日経トレンディ記者、2013年、日経ビジネス記者、2014年に日経トレンディ記者。“イクメン”を目指し、仕事との両立に奮闘中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

なんだか、いい意味で「バカだね」と。遅刻しないならやりたい人が好きなことしてるだけで何の問題もない。ただ、こういうことをする人たちを必要以上に持ち上げることには反対。個人的には朝はゆったり心を落ち着けて仕事に臨む方がパフォーマンスは上がると考えている。価値観の問題なのでどちらが優れているという話でもない。「こういうバカもいる」ぐらいの受け止め方でいい。(2013/09/20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長