• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ドコモ加藤社長、iPhone発売に「足が震える」

3社横並びで「ネットワーク品質」競争時代へ

2013年9月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米アップルの新型スマートフォン「iPhone 5s」と「同5c」の発売日となった9月20日。東京都内では携帯電話大手3社がそれぞれの旗艦店やショールームなどで独自の発売イベントを開催。国内携帯電話最大手・NTTドコモの参入によって競争環境が激変する中、各社首脳が今後の顧客争奪戦に向けた意気込みを語った。

“アップル”ジュースで行列客を労う

「本当にお待たせいたしました。緊張のあまり、足が震えています。是非手にとって、我々のネットワークを体験してください」

 午前7時45分。東京・丸の内で行われた発売記念イベントに登場したNTTドコモの加藤薫社長は、喜びをかみしめながらこう語った。

 ソフトバンクモバイルのiPhone発売から遅れること5年。「iPhone 5c」のロゴを左胸にプリントした真っ白なポロシャツに身を包んだ加藤社長の顔からは、言葉通り「ようやく出せた」という安堵の表情が見て取れた。

 “ドコモのiPhone”を手に入れようと、早朝にもかかわらず、ドコモショップ丸の内店の前には約300人が行列を作った。発売1時間前の午前7時には行列客の一部に“アップル”ジュースと菓子パンが振る舞われる場面も。先頭に並んだ約10人に対しては、サプライズで登場した加藤社長自ら菓子パンなどを手渡し、がっちりと握手しながら長時間の待機に感謝の意を表した。

 行列の先頭で待ち続けたのは、東京都に住む会社員の佐藤英典さん(39)。2日前の9月18日午後5時から泊まり込みでこの瞬間を待った。約10年間、ドコモの端末を使い続けてきたという佐藤さんは、現在は米グーグルのOS(基本ソフト)を搭載したスマホを利用中。一番乗りで購入したゴールドのiPhone 5sを加藤社長から直接手渡されると、「感無量です」と喜びをあらわにした。

コメント1

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「ドコモ加藤社長、iPhone発売に「足が震える」」の著者

原 隆

原 隆(はら・たかし)

日経コンピュータ記者

宮崎県出身。お酒が好きです。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

白石 武志

白石 武志(しらいし・たけし)

日経ビジネス記者

日本経済新聞社編集局産業部(機械グループ)、京都支社、産業部(通信グループ、経営グループ)を経て、2011年から日経ビジネス編集部。現在は通信、半導体、家電業界などを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

染原 睦美

染原 睦美(そめはら・むつみ)

日経ビジネス記者

日経パソコン、日経ウーマンオンラインを経て、2013年4月から日経ビジネス記者。ネットサービス、人物ルポ、などが得意分野。趣味は洗濯、昼酒、ピクニック。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック