• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

なぜ日本メーカーは出さないのか

コードレス掃除機に見る「プライド」の意味

2013年9月26日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 コードレス掃除機の市場が活況だ。大手家電量販店のビックカメラによると縦型コードレス掃除機の販売台数は、前年比30%の伸びで推移している。市場をけん引するのは欧州勢だ。英ダイソンは9月13日に新型コードレス掃除機「DC62」を発売。スウェーデンのエレクトロラックスも10月1日に「エルゴラピード・リチウム」を投入する予定だ。

カラフルなコードレス掃除機が並ぶ。主力は欧州メーカー(ビックカメラ赤坂見附店、写真:北山宏一)

 両社とも世界で最初に新製品を発売する国として日本を選んだ。ダイソンでモーター製造の責任者を務めるエイドリアーノ・ニロ氏は「日本はどの国よりも清潔好き。世界でも都市部では住宅が狭くなっているので、日本で売れたら海外でも受け入れられる」と話す。ダイソンのDC62の店頭価格は6万9800円、エレクトロラックスは3万9800円。エレクトロラックススモールアプライアンス事業部のヘンリック・バーグストロームプレジデントは「日本は世界一美味しい市場。消費者は、高い品質に対してきちんと対価を支払ってくれる」と話す。

 これまで縦型コードレス掃除機は、コード付きのメイン掃除機の補助役、といった使い方が主流だった。電池のもちが十分でなく、吸引力も弱いというイメージが強く、階段や2階など、メイン掃除機の行き届かない場所を掃除する2台目需要が主だった。

ダイソンが発売した新型コードレス掃除機「DC62」(写真:北山宏一)
エレクトロラックスの新製品。ハンディークリーナーも付属している

コメント34件コメント/レビュー

今の掃除機で一番の不満は電源コードではなく長いホースです。掃除している時に長いホースが左右に動いて棚や机にのっている備品を引っかけて倒してしまう事です。また高い所や階段などでは全体を上に持ち上げなければならないので実に使いにくいと思っています。だから掃除が嫌いで余りしません。ダイソンなどの欧米のメーカーが発売した掃除機は私の待ち望んでいた製品です。本体の性能が上がって使いやすくなったら是非買いたいなと思っています。毎年々新しい家電の新製品が出てきますが,性能の大きな変化は感じられず,壊れない限り買いたいとは思いません。中国が物まねばかりしていると言いますが,日本だって以前はそう言われていたはずです。その一番の理由は創造力と先進性がなかった事です。技術は日本のほうが上なのですから,もっと先進性の高い製品を作って欲しいなと思っています。(2013/09/30)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「なぜ日本メーカーは出さないのか」の著者

西 雄大

西 雄大(にし・たけひろ)

日経ビジネス記者

2002年同志社大学経済学部卒業。同年、日経BP社に入社。日経情報ストラテジー、日本経済新聞社出向、日経コンピュータ編集部を経て、2013年1月から日経ビジネス編集部記者。電機、ネットなどを担当する。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

今の掃除機で一番の不満は電源コードではなく長いホースです。掃除している時に長いホースが左右に動いて棚や机にのっている備品を引っかけて倒してしまう事です。また高い所や階段などでは全体を上に持ち上げなければならないので実に使いにくいと思っています。だから掃除が嫌いで余りしません。ダイソンなどの欧米のメーカーが発売した掃除機は私の待ち望んでいた製品です。本体の性能が上がって使いやすくなったら是非買いたいなと思っています。毎年々新しい家電の新製品が出てきますが,性能の大きな変化は感じられず,壊れない限り買いたいとは思いません。中国が物まねばかりしていると言いますが,日本だって以前はそう言われていたはずです。その一番の理由は創造力と先進性がなかった事です。技術は日本のほうが上なのですから,もっと先進性の高い製品を作って欲しいなと思っています。(2013/09/30)

家電量販店でルンバについていろいろメーカーの担当者に聞いてみましたが、掃除が結構いい加減で、従来掃除機を併用することが前提だとのことで、細かいことを言うのであればお勧めしないとのことだったので買いませんでした。おそらく、コードレス掃除機にしても、日本の家電メーカーは実際の性能をキチンと評価して参入を控えているものと思われます。(2013/09/30)

掃除機の基本要素は、掃除の能力(吸引力、細かいところまで吸えるか、掃除する場所(絨毯、畳、フローリング)への対応力)、操作性(取り回し、重さ、スイッチ)、デザイン、価格の4つ。日本のメーカー能力を決め、そこから価格とのバランスをだし、デザインを当てはめる。操作性(ユーザビリティ)は能力に含めるときのみ勘案され、そうでないときは従来を踏襲している。だから日本の家電製品の紹介には技術的うんちくが綿々と綴られるし、使われない機能がてんこ盛りになる。スマホにフリーAppをため込んだように。この思考プロセスが筆者にはプライドとして見えたのではないだろうか。☆充電池の寿命は、携帯やノートPCから想像すると毎日充放電を繰り返す機器では2~3年。記事の商品では寿命も大きな要素といえる。家電(特に白物)は買い換え需要が基本で、買い換える理由は故障が一番多いと思うが、この製品は電池寿命が更新理由になりそう。通常の掃除機の寿命はネットで見ると7~8年ぐらいのようだから、仮に3万円の掃除機だと年あたり3,4000円のコスト。ダイソンのDC62は7,8万だから4年使っても2万近い年額になる。5倍以上の実質価格差となると携帯電話の実質分割払いのようなトリックが無い限り、多くの場合デザインやユーザビリティでは埋められないだろう。☆ダイソンの製品は全て一般消費者向けの標準価格より高い。ざっくりと言って3~5倍見当。一般向けの商品として評価するのはまずいだろう。カローラ、カムリとプリウスを比較するというより、カローラ、カムリをレクサスハイブリッドと比べているようなものだ。所得の2極化の進展が言われる昨今だが、コメントを見ると1億総中流と言われた30年前と人々の視点があまり変わっていない。それは世間の同質性であり、多分日本企業の製品開発の現場でも同じことがありそうだ。☆新製品(コンセプトからの)にあって改良品に少ない問題点は、動作不良や性能維持。開発時にいくら試験しても様々な実使用をカバーすることは実質不可能。新商品をまず日本に出す意味はこれだと思う。細かなことに気づく日本の顧客を使って問題点を解決すれば世界で通用する商品になる。また、市場の特性として、高価格商品がある程度売れる市場でもあって、この点でも都合がいい。(2013/09/30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長