• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

消費増税正式決定、最後まで迷走した経済対策

官邸の巧みな与党・官僚操縦術

2013年10月2日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 10月1日、安倍晋三首相は記者会見で、来年4月に消費税を8%に引き上げると正式表明した。安倍首相は消費税率の引き上げに合わせて、5兆円規模の経済対策を実施することも発表した。だが、この経済対策の策定はギリギリまで迷走を続けた。

 アベノミクスの第3の矢である成長戦略の柱にもなり得る法人実効税率の引き下げにつなげるため、復興特別法人税の前倒し廃止に固執する安倍晋三首相と官邸に与党が強く抵抗。一時は前倒し廃止の見送りも囁かれた。結局、経済対策では官邸の思惑がほぼ通ったが、その裏には、第1次政権時とは異なる安倍首相の巧みな与党・官僚操縦術があった。

 「官邸も与党からここまで反発が出るとは思わなかったのではないか」

 消費税引き上げに伴う経済対策の策定作業が大詰めを迎えていた9月30日夜、財務省のある官僚は呟いた。

 前週末の時点では、焦点となっていた復興特別法人税の1年前倒し廃止は「今年12月に決定」でほぼ決着すると、財務省も覚悟していた。それほど安倍首相を始めとする官邸の意志が強かったからである。

 最終決着した経済対策と減税は下の表の通りだ。経済対策の総額を5兆円規模にすることは決まったが、内訳のうち、公共事業の額だけは財源を含め、後で決めることになった。表中で「減税」として取り上げたものは、既に決まっている2013年度税制改正分を含めて、経済対策に合わせて行うものだ。

主な経済対策と減税の概要
項目規模概要など



復興特別法人税の1年前倒し廃止約9000億円2013年度末での廃止を検討する
住宅購入者向けの現金給付約3600億円
低所得者向けの現金給付約3000億円
公共事業など数兆円規模か?
震災復興事業など約1兆8000億円

設備投資など投資を促す減税約7300億円
賃上げ促進税制約1600億円
住宅ローン減税の拡充約1100億円
注:減税の規模は2013年度改正によるものも含む。住宅購入者向け現金給付には被災者分を含む

 5兆円規模の経済対策で最後まで揉めに揉めたのは、東日本大震災からの復興に関わる部分だった。復興特別法人税は、東日本大震災の復興財源確保のために、2012年度から3年間、法人税額の10%を上乗せ課税しているもの。経済対策として出てきたのが、これを1年前倒しで2013年度末に廃止しようという案だ。

「なぜ被災地を巻き込むのか」

 「経済対策の必要性は分かっている。だが、なぜ被災地を巻き込むのか」。9月下旬、官邸が復興特別法人税の前倒し廃止を考えていることが伝わると、自民、公明両党の一部、特に被災地選出の国会議員から反発の声が上がった。

 官邸の本音は、法人税率そのものの引き下げにあったと見られるが、1%で4000億円の税収減になる減税の財源がない。そこでまず復興特別法人税の廃止で、現在38.01%(東京都)になっている法人税率を本則の35.64%に引き下げ、次に法人税率の引き下げを探ろうという狙いがあった。

コメント6件コメント/レビュー

消費税増税を決めた時点で官邸の負け。平成26年度の税収は増えない。今より景気が良かった平成9年(1997年)だって消費税率を上げたら、そこから減収になっているし、最近のイギリスもイタリアも同じ。それがわからないんだから。(2013/10/02)

「ニュースを斬る」のバックナンバー

一覧

「消費増税正式決定、最後まで迷走した経済対策」の著者

田村 賢司

田村 賢司(たむら・けんじ)

日経ビジネス主任編集委員

日経レストラン、日経ビジネス、日経ベンチャー、日経ネットトレーディングなどの編集部を経て2002年から日経ビジネス編集委員。税・財政、年金、企業財務、企業会計、マクロ経済などが専門分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

消費税増税を決めた時点で官邸の負け。平成26年度の税収は増えない。今より景気が良かった平成9年(1997年)だって消費税率を上げたら、そこから減収になっているし、最近のイギリスもイタリアも同じ。それがわからないんだから。(2013/10/02)

 果たして、安倍首相の強い思いを押し通した経済対策は狙い通りの効果を上げるのか。アベノミクスの真価を問う局面が近づいている。縷々述べての本欄の結語だが、昨今斯様な論調ばかり、大いに不満だ。読者へのサジェッションにしては日々の新聞・ニュースやニュース解説で充分読み取っている。寧ろ今、こう言っているが、この部分が不明若しくは不透明、或いはどう豹変するか、そこが問題だと伝えて欲しい。かっては新聞、雑誌にその社の論調が定かだったが、昨今は何処もかしこも同じことに言論・報道界もグルメのアンケート調査の1位店に行列という類かと暗然たる思いである。占い師のご託宣拝聴ではない先見性ある論調・健筆を期待したい。 (2013/10/02)

支那や韓国の反日に対抗できる政治家は安倍さんしかいません.だから,私はあくまで安倍さんの経済政策を信頼し支持します.安倍さんがいなくなったら,日本は終わるという強い危機感の裏返しです.(2013/10/02)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者